高値で売却するプラン

残りのローンを減らしたい方。「地域密着した販売活動」「入札方式による販売方法」で、高値で売却します

任意売却でも、高値で売却できる理由を解説!

ご依頼頂いた任意売却を必ず成功させる為に、販売活動に注力できる「埼玉県内を対応エリア限定」としています。

販売活動エリアが埼玉県内であれば、地域特性に即した販売戦略が可能になり、迅速で丁寧なアフターフォローが展開できるため、成約率が格段にアップするからです。

さらに、知名度の高いポータルサイト(SUUMO・アットホーム・ハトらぶ埼玉・など)・不動産流通機構(レインズ)・新聞折込みチラシ・戸別ポスティングチラシを活用しながら、販売活動を実施します。

また、販売する物件の特質を見極めた上で「入札形式」による販売方法も実施します。

 

ハウスパートナー株式会社の販売活動

【近隣エリアの販売活動】

近隣地域にお住いの方に向け、新聞折込みチラシや戸別ポスティングチラシなど、地域に密着した販売活動を実施します。

  • 新聞折込みチラシ
  • 戸別ポスティングチラシ
  • オープンハウスの開催
  • 大手不動産会社、地元不動産会社との連携

新聞折込みチラシ

戸別投函チラシ

オープンハウスの開催

【ポータルサイト活用】

日本最大級の住宅情報検索サイト「SUUMO」や「アットホーム」など複数のポータルサイトにも掲載します。
写真画像・きれいな間取図や区画図を作成し、他の販売物件と差別化を図り、多くのお客様にご検討頂けるようにアピールします。

 

【不動産流通機構(REINS)による販売活動】

不動産流通機構(レインズ)とは、国土交通大臣指定のオンラインシステム「REINS」のことで、不動産会社しか見ることのできない不動産情報サイトです。

不動産流通機構(レインズ)に登録することで、他の不動産会社に売却情報が公開できます。

売却の依頼を受けた物件情報はレインズによって登録され、ネットワークを通じて、すぐに他の不動産会社に公開されます。

それにより、その情報を知った不動産会社は、日頃から家を探しているお客様に売物件情報をすぐにお知らせでき、成約(売却・購入)のスピード化が図れます。

 

早期解決を目指し、囲い込み営業をしない営業戦略 

当社では、早期解決することを前提に、他の不動産会社との共同仲介を積極的にすすめ、両手契約にはこだわりません。

任意売却を失敗する不動産会社の多くは、不動産会社が売却物件を自社で抱え込み、他社には紹介しないという「囲い込み営業」が原因です。

さらに、媒介契約を締結した物件は、東日本不動産流通機構(レインズ)に登録することが義務付けられているにも関わらず、「登録をしない」「他の不動産会社に情報を公開しない」な悪質な行為が目立ちます。この「囲い込み営業」は、売主様に対する背信行為です。

 

営業ツールは、プロの制作会社に依頼

不動産を高値かつ早期に売却するためには、購入希望者が魅力的に感じる販売図面の作成が必要不可欠であり、ライバル物件と差をつける必要があります。
そこで、当社では、販売図面等の営業ツールは、プロの制作会社に依頼しています。
プロの制作会社に依頼すると、相当の制作費用が発生します。しかし、早期解決が要求される任意売却では必要であり、その費用は当社がすべて負担しています。


【区画図・間取図・販売図面】

 

入札方式による販売活動を実施!

不動産の入札方式(競争入札)とは

複数の購入希望者が入札し、最も高い金額を提示した購入希望者と契約する売却方法です。
仲介者として不動産会社が間に入ってくれるので、公平かつ、価格面において、納得できる売却を行うことができます。

【入札要綱例】

 

人気のあるエリア・土地・収益不動産・ローン残額が少ない方にお勧めです

特に、人気のあるエリアにある住宅やマンション・広い土地・収益不動産の売却は、入札方式での売却がお勧めです。

広い土地の売却は、住宅の用途に利用できることから、建売業者に情報公開することで、高値が付く可能性が高まります。

収益不動産は、購入の目安が収益性や利回りを重視しますので、多くの業者と競合させることで、高値での売却が可能になります。

 

入札方式のメリット 

入札方式であれば、購入者をご自身で購入者の条件を精査し、最終決定することができます。

また、希望する期限まで確実に売却することができるので、確実に不動産を処分することができ、ほとんど購入希望者が業者なので、契約が白紙になることがありません。

 

入札だと納得する

入札方式であれば多数から評価してもらえるので、売却価格にも納得しやすくなります。

不動産を売却する際に一番避けたいのは、
「別の人に売ればよかった…」 「もっと高く売却できたのでは…」と、売却後に後悔することです。

多数の入札方式であれば、多数の中から最も高く評価してくれた人と契約できるので、後悔がありません。