リースバックプラン

リースバックプラン(賃貸として、そのまま居住を続ける)

  • ご自宅を不動産投資家や投資法人に売却し、同時にその投資家と賃貸借契約を締結します。
  • 購入した投資家等に賃料を支払うことで、今まで通りに居住を続ける。という解決方法です。
  • 住み慣れたご自宅からお引越できないご事情がある方には最適な解決プランです。

リースバック方式の仕組み

リースバックのメリット

①引越が不要

売却したご自宅をそのまま賃貸住宅として居住できるので、転居に必要がありません。転居が賃貸住宅となれば、敷金礼金・仲介手数料・引越費用などの費用負担が発生することになります。

②固定資産税や建物修繕費用の支払いが不要

税金として支払っていた固定資産税や物件の修繕費用は、所有者(購入者・貸主)が支払います。これまでの自宅の維持にかかっていた費用負担が必要なくなりますので、家計の立て直しに専念できます。

③ご近所に知られることがない

リースバックの販売は、投資家に向けて実施します。通常の不動産売却とは違い、売却情報が一般公開されませんので、ご近所に知られることはありません。

④将来、買戻しも可能

親族や友人などの協力を仰げれば将来、買戻しも可能となります。

 

 

 

リースバックを成功させるポイント!

適正な賃料設定と現状把握

住宅ローンの返済状況や支払い可能な賃料など、まずは現状やご要望について無料にてご相談を承ります。

そのうえで、最適な販売価格・賃料設定・条件・期間等をプランニングします。

リースバックのご相談の際、お客様の現在の状況や支払い可能な賃料金額、将来は買い戻しをしたいなどのご希望をお聞かせ下さい。

賃貸借契約の種類は、普通賃貸借契約(2年更新)や定期借家契約(期間限定)があり、お客様の状況に合わせてどちらでもご利用いただけます。 

投資家の心配を解消

購入する投資家の懸念事項は、「賃料を滞納しないか?」という点です。

住宅ローンを滞納している状況において、その心配は当然かもしれません。

そこで、当社は、大手の賃貸保証会社と業務提携し、借主が賃貸保証会社を利用することで、万一の賃料滞納を回避しています。

これにより、投資家は安心して物件を購入することができます。 

提携している賃貸保証会社

 

トラブル回避! 「普通借家契約」にて契約を締結する

賃貸借契約には、「定期借家契約「普通借家契約の2通りの契約があります。

当社では、安心してリースバックとして居住を続けるために、「普通借家契約」を推奨しています。
この「定期借家契約」と「普通借家契約」の大きな違いは、貸主(大家側)の契約更新の拒否にあります。

 

「定期借家契約」の場合
 貸主(大家側)の都合で、契約期間が満了すれば契約が終了するので、一方的に契約が解除され、退去しなければなりません。
「普通借家契約」の場合
貸主(大家側)は、原則、更新契約を拒否できません。借主が契約更新を希望すれば、住み続けることが可能です。
*ご注意(悪質業者の手口)

インターネットで「リースバック」検索すると、リースバックを取り扱う不動産会社が多数、表示されます。しかし、「賃貸借契約の種類」について説明している不動産会社はほとんどありません。


なぜなら、多くの不動産会社は、「定期借家契約」にてリースバック契約を締結し、契約更新を拒否することで、早期退去を目的としているからです。

毎月の賃料が安い… 口頭で更新を約束してくれた… など安易にリースバック契約を締結してしまうと大変危険ですのでご注意下さい。

 

成約事例

成約事例

成約事例

任意売却とリースバックを組み合わせての解決には、経験と知識、債権者との交渉力、投資家とのネットワークなど、多少難しい案件となります。

ハウスパートナー株式会社は、任意売却専門の不動産会社として、リースバックの解決実績も多数ありますので、お気軽にご相談ください。