ホーム>スタッフブログ>任意売却>3/23付 朝日新聞の朝刊に、「任意売却専門コンサルタント」として掲載されました
任意売却

3/23付 朝日新聞の朝刊に、「任意売却専門コンサルタント」として掲載されました

埼玉県で、朝日新聞がおススメする「任意売却専門コンサルタント」として掲載されました

ハウスパートナー株式会社

 

埼玉県内で、任意売却専門のコンサルタントは、当社1社のみです!

朝日新聞社の厳しい審査を経て、豊富な実績と専門的なノウハウが認められました!

マイベストプロ埼玉朝日新聞

20173239224.jpg
201732392237.jpg

”マイベストプロ埼玉”とは

朝日新聞がおススメする、埼玉県の頼れる専門家・プロを紹介する 地域密着型のWEBガイドです。

マイベストプロ埼玉に専門家として掲載されるためには、朝日新聞社が定めている厳しい審査を受ける必要があり

朝日新聞社より人物・企業の信頼性が確認されています。 

専門家WEBガイド マイベストプロとは?

*マイベストプロ埼玉の記事をご参照ください

 

【住宅ローン滞納問題・任意売却・不動産競売】のご相談は、ハウスパートナー株式会社へ

埼玉県にお住まいで、住宅ローンの支払いが困難な方・滞納している方・差押や競売手続きが開始されている方

自己破産を検討中の方・既に自己破産(免責)をしている方・任意売却を検討中の方・他社で任意売却中の方など

どうぞ、お気軽にご相談ください。

 

住宅ローンの支払いを滞納すると・・・

住宅ローンの滞納が約4~5ヶ月以上続くと、住宅ローン借入時の契約(金銭貸借消費設定契約)が解除され、

金融機関から、残りの住宅ローン一括返済を要求されます。

ここで、一括返済できなければ、金融機関は不動産競売の手続きへと移行することになります。

 

住宅ローン滞納問題のご相談は、一日でも早く専門家に

住宅ローン滞納問題のご相談は、早ければ早いほど、ご要望を踏まえた解決ができる可能性が高くなります。
悩みながら返済の延滞、滞納し続けるのではなく、1日でも早く、専門家にご相談することをおすすめします。

 

任意売却は、住宅ローンが全額返済できなくても、売却することが可能です

通常の不動産売却では、住宅ローンが残っている状況では金融機関は売却を絶対に認めません。

しかし、任意売却による売却であれば、住宅金融支援機構(フラット35・旧住宅金融公庫)は、任意売却を

推奨し、ほとんどの金融機関でも任意売却を認めています。

 

 

埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、

ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.house-partner.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/483

ページ上部へ