イメージ画像

住宅ローンの滞納や競売などでお困りの方へ

新たな生活を踏み出すために今、一番大切なことは

今後の再生プラン

  • 少しでも有利に売却したい

    ご売却プラン通常の不動産売買となります。市場価格に近い価格、
    所有者の意思で売却が可能となり債務を大幅に縮小することができます。

  • 援助してくれるご親族や友人がいる場合

    その方に一度買い取ってもらい、家賃としてローン相当額を返済していくことで
    住み続けることも可能です。生活が安定し、ご自身が新たに住宅ローンを借りたり、
    現金をご用意できれば、将来的には自己所有に買い戻すことが出来ます。

  • お子様の学校などの転校が無理な方・安定した収入がある方

    投資目的の第三者や弊社が買い取りいたします。賃貸借契約を結び
    一定の賃料を支払うことにより、住み続けることも可能です。

  • 誰にも知られず、早く解決したい

    “誰にも知られず、しかも早く解決したい”
    そのようなご相談者の方は、弊社が直接買取を致します。

※上記以外にも、ご相談者のご事情を考慮して、様々なプランをご提案いたします。

代表挨拶

少しでもお役に立ちたい! ハウスパートナー株式会社・代表取締役 中島孝

私が任意売却専門の不動産会社を設立した理由

任意売却(にんいばいきゃく)という方法で、有利に解決してほしい!!

マイホームを手にしても、給料・ボーナスカット、勤め先の倒産、リストラ、離婚などで、突然現金収入が目減りして、住宅ローンの返済が滞ってしまう。普段の生活の中でそれほど耳にしないニュースかもしれませんが、実は住宅ローンの返済に困っているケースは思いの外、多くあります。

近々の新聞やマスコミによる報道では、リーマンショックよりも、景気回復基調が鮮明になってきているようですが、実際には、まだまだ社会全体は厳しい状況が続いていると感じられている方は多いようです。

住宅ローンの滞納が続くと、最終的には、不動産競売にてマイホームが処分されてしまいます。しかし、競売処分される前であれば、任意売却という売却方法で、少しでも有利に解決して頂きたいのです。

 

あまりにも酷い任意売却業界の実情

会社を設立する前は、サラリーマンとして、任意売却を取り扱う不動産会社や一般社団法人・NPOから紹介される不動産会社から、不動産の仕入れをしていました。

そこで、目の当たりしたのが、依頼者(売主)への背任行為や担当者の知識不足による任意売却の失敗など、あまりにも酷い不動産会社、担当者の多さに驚かされました。さらに、依頼者(売主)には、『お客様のために』 『今後の生活を・・・』と言いながら、実際に行われている行為は、「引越費用・清算金の着服」 「仲介手数料以外の多額の金銭の受領」 「ノウハウと知識不足の為に任意売却の失敗」など、依頼者(売主)の心の弱みに付け込み、やりたい放題です。

また、任意売却について解決のためのノウハウを何も知らずに、失敗している不動産会社もかなり存在しています。

そのような不動産会社に任意売却を依頼した方が、とても不憫で、たまりませんでした。知らないのは、依頼者(売主)さんだけなのです。

 

会社設立の思いと誓い

そこで、私の今までの不動産営業経験・競売・債権者との交渉経験を踏まえれば、もっと有利に、そして高い金額で不動産の売却することができ、本当に依頼者のためになるはずだ。と確信しました。私なら、大切なご家族と新しい生活の第一歩を踏み出すお手伝いができる。そんな思いで、会社設立に至りました。まだ、まだ会社は小さいですが、任意売却解決のノウハウ、債権者との交渉力、販売の営業力はどこにも負けない自信があります。

そんな気持ちで、お客様との信頼いただけるパートナーとして、ご相談者のご要望を踏まえ、最善の解決策を ご提案いたします。

お気軽に、お問い合わせください。

ページ上部へ