ホーム>スタッフブログ>ブログ>埼玉県で、任意売却専門の不動産会社を設立した理由
ブログ

埼玉県で、任意売却専門の不動産会社を設立した理由

埼玉県で、任意売却専門の不動産会社を設立した理由

ハウスパートナー株式会社

 

任意売却(にんいばいきゃく)という方法で、有利に解決してほしい!!

マイホームを手にしても、給料・ボーナスカット、勤め先の倒産、リストラ、離婚などで、

突然現金収入が目減りして、住宅ローンの返済が滞ってしまう。普段の生活の中で

それほど耳にしないニュースかもしれませんが、実は住宅ローンの返済に困っている

ケースは思いの外多くあります。

 

近々の新聞やマスコミによる報道では、オリンピック開催や株価上昇など、景気回復基調が

鮮明になってきているようですが、実際には、景気が良くなったと実感している方は少なく、

厳しい状況が続いていると感じられている方が多いようです。

 

住宅ローンは、返済の滞納が続くと、不動産競売にてマイホームが最終的には処分されてしまいます。

しかし、競売処分される前であれば、任意売却という売却方法で、有利に解決できる方法があることを

ご存知でしょうか。

 

任意売却にはたくさんのメリットがあります。

競売でご自宅を強制処分してしまうのではなく、任意売却という方法で、少しでも有利に住宅ローン問題を

解決して下さい。

house3

 

あまりにも酷い任意売却業界の実情

会社を設立する前は、サラリーマンとして、任意売却を取り扱う不動産会社や一般社団法人・NPOから

紹介される不動産会社から、不動産の仕入れをしていました。

そこで、目の当たりしたのが、依頼者(売主)への背任行為や担当者の知識不足による任意売却の失敗など

あまりにも酷い不動産会社、担当者の多さに驚かされました。

 

さらに、依頼者(売主)には、『お客様のために』 『今後の生活を・・・』と言いながら、

実際に行われている行為は・・・

「引越費用・清算金の着服」 

「仲介手数料以外の多額の金銭の受領」 

「ノウハウと知識不足の為に任意売却の失敗」

など、依頼者(売主)の心の弱みに付け込み、やりたい放題です。

また、任意売却について解決のためのノウハウを何も知らずに、失敗している不動産会社も

かなり存在しています。

 

そのような不動産会社に任意売却を依頼した方が、とても不憫で、たまりませんでした。

知らないのは、依頼者(売主)さんだけなのです。

 

会社設立の思いと誓い

そこで、私の今までの不動産営業経験・競売・債権者との交渉経験を踏まえれば、もっと有利に、

そして高い金額で不動産の売却することができ、本当に依頼者のためになるはずだ。と確信しました。

 

私なら、大切なご家族と新しい生活の第一歩を踏み出すお手伝いができる。そんな思いで、会社設立に至りました。

まだ、まだ会社は小さいですが、任意売却解決のノウハウ、債権者との交渉力、販売の営業力はどこにも負けない

自信があります。

そして、お客様とのコミュムケーションを大切にし、問題解決に向けて、全力で対応することをお誓い致します。

family5


職務経歴書  (不動産営業経験26年以上)


ハウスパートナー株式会社   平成26年3月設立

代表取締役 中島孝    昭和43年9月23日生まれ 48歳


平成元年 現、みずほ不動産株式会社 入社

業務内容 不動産仲介営業


平成16年 株式会社東京テアトル(東証一部上場) 入社

業務内容 中古不動産(戸建・マンション)の買取り再販売事業・不動産競売事業


平成23年 株式会社エー・ディ・ワークス入社(東証一部上場) 入社

業務内容 中古不動産(戸建・マンション)の買取り再販売事業・不動産競売事業


 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉

埼玉県で初めて、朝日新聞がススメル『住宅ローン滞納問題・不動産競売・任意売却』の専門家・プロとして登録されました


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.house-partner.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/456

ページ上部へ