ホーム>スタッフブログ>任意売却>任意売却できなかった物件を当社が競売で落札・・・リースバックにて居住を続ける
任意売却

任意売却できなかった物件を当社が競売で落札・・・リースバックにて居住を続ける

任意売却できなかた物件を当社が競売で落札・・そのままリースバックにて居住を続ける

当社にて任意売却ができず、競売処分となったしまった物件を当社が落札しました。

任意売却失敗の原因は、債権者が販売価格を下げなかったことが一番の要因です。この債権者は、1度も価格の値下げについて同意しませんでした。

20151016103520.jpg

販売価格     560万円

裁判所評価金額  416万円

競売入札基準価格 250万円

最低入札価格   166万円

 

当社落札価格   300万円

裁判所の評価額416万円に対し、約1.4倍の販売価格を設定すれば、任意売却が成功する確率はほぼセロです。この債権者は、任意売却を本当に推奨しているのでしょうか?それとも、担当者が勝手に価格設定しているのでしょうか?この取引には、債権者の態度に、とても疑問を感じました。

 

リースバック契約によりそのまま入居が可能

当社が落札できたことにより、依頼者(所有者)は、当社と賃貸借契約を締結して頂き、そのままお住まいなることができて、依頼者・当社もまずは、一安心です。

今回の取引のように、依頼者(所有者)の要望と、当社の意向が合えば、競売にも参加しますし、買取も実施致します。幅広い、スタンスが依頼者の要望を叶えることができると考えています。

 

埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.house-partner.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/237

ページ上部へ