ホーム>6つの解決プランをご提案>⑥任意売却と同時に、自己破産を検討したいプラン

⑥任意売却と同時に、自己破産を検討したいプラン

⑥任意売却と同時に、自己破産を検討したいプラン

任意売却(不動産売却後)⇒  自己破産 断然有利に解決ができます!

自己破産には  「同時廃止」 と 「破産管財」 の2通りあります。

自己破産手続きを「同時廃止」事件として申請するのか 「破産管財」事件として申請するのか  
により、免責期間や費用負担に大きな差があります。

 

同時廃止とは

処分する財産がない場合・・・「同時廃止」
処分する財産がないので、破産管財人の選任が不要です。
破産手続き開始決定と同時に、裁判所から免責許可が下ります。

管財事件とは

処分する財産がある場合・・・「管財事件」
破産者の財産を換金し債権者に分配するなどの手続きを行う為に、裁判所が任命する破産管財人弁護士が選任され、財産を処分します。

 

2021814144132.jpg

自己破産のベストタイミングは、任意売却後(不動産売却)です

上記の「同時廃止」と「管財事件」の比較から、自己破産申請を行う前に任意売却(不動産売却)を行い、財産をすべて処分した後、申し立てることがベストのタイミングとなります。

 

税金等の滞納は免責にならない

自己破産による免責の効力は、固定資産税・住民税・社会保険料に対しては及びませんので、自己破産をした場合であっても支払い義務は残り、すべての借金や負債が免責になる訳ではありません。
ご注意下さい。

 

弁護士事務所・司法書士事務所をご紹介します

弁護士法人 グリーンリーフ法律事務所 さいたま市大宮区宮町1-38-1KDX大宮ビル6階 
電話048-649-4631 Fax048-649-4632

 

司法書士 加藤健一事務所 さいたま市中央区本町東1丁目8番21号
電話048-840-1671 Fax048-840-1672

 

【要注意】 弁護士事務所の約70%が「管財事件」として、自己破産手続きを処理しようとします。
その理由は、「破産事件」の方が、多くの弁護士報酬を受領できるからです。

*特に、テレビCMをしている弁護士事務所は、高額な費用請求をしますので、ご注意下さい

ページ上部へ