ホーム>解決プランのご提案>①引越費用・生活資金として、現金確保を優先するプラン

①引越費用・生活資金として、現金確保を優先するプラン

①引越費用・生活資金として、現金確保を優先するプラン

ご相談事例のご紹介

①引越費用・生活資金として、現金を確保したい

family

ご相談者:川口市在住 K様 40歳 会社員 奥様・お子様2人
相談内容:3年前に新築一戸建を購入
価格:4500万円 
借入金:4000万円(フラット35)
残債:約3800万円

勤務先の業績悪化の為、給与の減額

住宅ローンを5ケ月間滞納する。

いたま地方裁判所より、「担保不動産競売開始決定の通知書」が届く

 

1.ご相談者の要望
・引越費用や今後の生活資金として現金を残したい
・ご近所に知られないように売却したい
・転居先(賃貸住宅)を探してほしい

2.想定売却価格の算出(不動産査定価格)
通常売買による売却価格 3700万円 
競売による落札価格   2900万円(市場価格の80%と算出)
*競売価格については推測です。

3.任意売却の結果
・引越費用として、35万円の確保ができた
・大手賃貸保証会社の保証制度に加入できたので、すぐに転居先が見つかった
・通常売却だったので、売却理由が知られることはなかった

4.任意売却と競売の比較

house
任意売却  比較 競売
3700万円 売却価格  2900万円 
200万円 残債(売却後) 900万円
引越費用35万円 引越費用の確保    0円  
相談の上、決定 引越時期 至急

*上記金額は概算です。遅延損害金や競売費用などは考慮していません。

5.K様の選択と結果
ご相談から約4ヶ月で解決することができました。

住宅ローンの残債も競売と比べて、約700万円も減額することができました。その後のローン残債の返済は、交渉の結果、10,000円と抑えることができました。転居先は、賃貸住宅となりましたが、新たな生活の第一歩を進むことができました。

*任意売却をするには、債権者の同意が必要となります。売却時の手付金受領の際に、条件が付くことがございます。

 債権の残債額や不動産の地域性、属性なども交渉結果に大きく左右されます。債権者がすべて、合意して頂けるとは限りませんが、スピードと誠意をもって交渉することが大切です。

《成約事例》

20179289554.jpg
20179289632.jpg
201792885841.jpg
201792885919.jpg
20179289036.jpg
20179289116.jpg
ページ上部へ