ホーム>ご要望を踏まえた解決策をご提案します

ご要望を踏まえた解決策をご提案します

ご要望を踏まえた解決策をご提案します

住宅ローンの滞納問題を解決するには、任意売却(にんいばいきゃく)という不動産取引が最善の解決策と言われています。

任意売却は、通常の不動産売買とは異なり債権債務の知識・債権者(金融機関等)との交渉 テクニック・解決のノウハウ・任意売却解決の実績が必要とされます。

任意売却専門の不動産会社が経験と実績を基に、依頼者の方の状況に応じた解決策をご提案します。


ご要望を踏まえた解決策をご提案します

①引越し費用・生活資金などの現金を確保したい

②賃貸として、そのまま入居を続けたい(リースバック)

③高値で売却して、住宅ローンを少しでも多く返済したい

④ご近所に知られる前に、解決したい

⑤親族間売買・将来、買戻しをしたい

⑥少しでも、手元に現金を残したい

 

解決のノウハウ

  • 入札方式にて高く売却、残債務(住宅ローン)を大幅に減額できます
  • 当社が買取り、再販売の利益還元をします(早期に解決できます)
  • 現金確保を最優先とした売却も可能です(債権者に回収されません)
  • リースバック(そのまま入居を続ける場合)では、投資家に販売します
  • 離婚が原因による任意売却は、当社が両者の間に入り交渉します。相手側と会おう必要はありません。

 

任意売却のメリット

メリット1 

依頼者の費用負担は0円です。現金を用意する必要はありません

売却代金の中から、売却に必要な費用(仲介手数料・引越費用・抵当権抹消費用)などが配分されます

 

メリット2 

万一、任意売却に失敗しても、費用負担は0円。不要です。

当社では、万一任意売却に失敗しても、費用の請求はしません。ご安心下さい。

 

メリット3 

引越費用・転居費用が受領できます!(20万円~50万円)

売却代金の中から、引越費用が配分されます(交渉により金額が異なります)

 

メリット4 

そのまま賃貸住宅として、入居を続けることも可能(リースバック)

投資家に売却、投資家と賃貸契約を締結することで、そのまま入居を継続することが可能です

 

メリット5 

残った住宅ローンについて、債権者との話し合いができる(返済計画)

メリット6 

引越時期などが相談できる 

 

メリット7 

ご近所に知られず、プライバシーが守れる 

 

メリット8 

自治体の差押・マンション管理費の滞納があっても任意売却が可能

売却代金の中から、自治体の滞納分が配分される仕組みなので、差押登記の抹消が可能となります。さらに、市町村との減額交渉により、延滞税などが大幅にカットすることもできます。

ページ上部へ