ホーム>スタッフブログ>ブログ

ブログ

埼玉県で、任意売却専門の不動産会社を設立した理由

埼玉県で、任意売却専門の不動産会社を設立した理由

ハウスパートナー株式会社

 

任意売却(にんいばいきゃく)という方法で、有利に解決してほしい!!

マイホームを手にしても、給料・ボーナスカット、勤め先の倒産、リストラ、離婚などで、

突然現金収入が目減りして、住宅ローンの返済が滞ってしまう。普段の生活の中で

それほど耳にしないニュースかもしれませんが、実は住宅ローンの返済に困っている

ケースは思いの外多くあります。

 

近々の新聞やマスコミによる報道では、オリンピック開催や株価上昇など、景気回復基調が

鮮明になってきているようですが、実際には、景気が良くなったと実感している方は少なく、

厳しい状況が続いていると感じられている方が多いようです。

 

住宅ローンは、返済の滞納が続くと、不動産競売にてマイホームが最終的には処分されてしまいます。

しかし、競売処分される前であれば、任意売却という売却方法で、有利に解決できる方法があることを

ご存知でしょうか。

 

任意売却にはたくさんのメリットがあります。

競売でご自宅を強制処分してしまうのではなく、任意売却という方法で、少しでも有利に住宅ローン問題を

解決して下さい。

house3

 

あまりにも酷い任意売却業界の実情

会社を設立する前は、サラリーマンとして、任意売却を取り扱う不動産会社や一般社団法人・NPOから

紹介される不動産会社から、不動産の仕入れをしていました。

そこで、目の当たりしたのが、依頼者(売主)への背任行為や担当者の知識不足による任意売却の失敗など

あまりにも酷い不動産会社、担当者の多さに驚かされました。

 

さらに、依頼者(売主)には、『お客様のために』 『今後の生活を・・・』と言いながら、

実際に行われている行為は・・・

「引越費用・清算金の着服」 

「仲介手数料以外の多額の金銭の受領」 

「ノウハウと知識不足の為に任意売却の失敗」

など、依頼者(売主)の心の弱みに付け込み、やりたい放題です。

また、任意売却について解決のためのノウハウを何も知らずに、失敗している不動産会社も

かなり存在しています。

 

そのような不動産会社に任意売却を依頼した方が、とても不憫で、たまりませんでした。

知らないのは、依頼者(売主)さんだけなのです。

 

会社設立の思いと誓い

そこで、私の今までの不動産営業経験・競売・債権者との交渉経験を踏まえれば、もっと有利に、

そして高い金額で不動産の売却することができ、本当に依頼者のためになるはずだ。と確信しました。

 

私なら、大切なご家族と新しい生活の第一歩を踏み出すお手伝いができる。そんな思いで、会社設立に至りました。

まだ、まだ会社は小さいですが、任意売却解決のノウハウ、債権者との交渉力、販売の営業力はどこにも負けない

自信があります。

そして、お客様とのコミュムケーションを大切にし、問題解決に向けて、全力で対応することをお誓い致します。

family5


職務経歴書  (不動産営業経験26年以上)


ハウスパートナー株式会社   平成26年3月設立

代表取締役 中島孝    昭和43年9月23日生まれ 48歳


平成元年 現、みずほ不動産株式会社 入社

業務内容 不動産仲介営業


平成16年 株式会社東京テアトル(東証一部上場) 入社

業務内容 中古不動産(戸建・マンション)の買取り再販売事業・不動産競売事業


平成23年 株式会社エー・ディ・ワークス入社(東証一部上場) 入社

業務内容 中古不動産(戸建・マンション)の買取り再販売事業・不動産競売事業


 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉

埼玉県で初めて、朝日新聞がススメル『住宅ローン滞納問題・不動産競売・任意売却』の専門家・プロとして登録されました


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

7月25日(月)・26日(火)は、研修会の為、電話のみの対応となります

7月25日(月)・26日(火)の2日間は、研修会の為、電話のみの相談となります。

ご了承下さい。

なお、27日(水)以降は、通常通りの営業です。宜しくお願い致します。

 

 

埼玉県で初めて、『住宅ローン滞納問題・不動産競売・任意売却』の専門家・プロとして、登録されました

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

任意売却を取り扱う不動産会社の実態について(体験談より)

任意売却を取り扱う不動産会社の実態について、私の体験談をお話します。(すべて実話です)

 

  私は、ハウスパートナー株式会社を起業する前は、任意売却を取り扱う不動産会社から、直接、任意売却の不動産を買取り、再販する業務を約10年間携わっていました。(職務経歴書を参照) 担当者とも持ちつ持たれつの関係でもありましたので、任意売却を取り扱う不動産会社の本当の実情を知っているのです。

 

インターネットで「任意売却」と検索すると、いろいろな会社がヒットしますね。依頼をお考えの方は、「どの会社が良いのか」 「信頼できるのか」 いろいろとお悩みになることと思います。依頼する会社で、任意売却の成功失敗が決まってしまうと言っても過言ではありません。

 

任意売却という特殊な不動産取引上、大手不動産会は参入しませんので、初めて聞く名称の不動産会社がほとんどではないでしょうか?各社、HPでいろいろと自社をアピールしていますが、本質な内容はどこもあまり変わらいですね。

私の経験から、本当に依頼者(債務者)の為に業務を遂行する信頼できる会社、優秀な営業マンはごく僅かでした。ほとんどが、依頼者(債務者)の弱みに付け込み、口では、助ける云々言っていますが、自経験・知識がない為に解決できない・債権者から受け取る引越費用を横領する・威圧的な態度をとる、といった方が多く見受けられました。

 

これが実態です!

HPに掲載されているお客様からのお礼の手紙

ほとんど嘘です。いろいろな取引先の担当者から確認もしましたが、ほとんどが自作自演です(笑)

一般社団法人・NPO法人

一見、公的機関と勘違いされる方がいますが、反響をとるために立ち上げたダミー団体です。不動産の宅地建物取引業免許がないのに、不動産売買をすれば法令違反です。

一般エンドユーザー向の売却活動はしない

任意売却を受けた不動産の売却先は、買取専門の不動産会社が最優先となります。一般のエンドユーザー向けに販売活動をすることはしません。(販売する手法がありません)債権者との売却価格の合意ができなければ放置状態が続きます。

TVやマスコミに出演している会社

それなりの知名度があり、たくさんの依頼案件があるのかわかりませんが 難しい案件・手間のかかる案件は、放置状態です。解決率は低いようです。

全国対応・24時間問い合わせ可能な会社

運営する会社は、インターネットの運営会社です。任意売却には、人が動きます。そのエリア・不動産市場動向に精通している会社でなければ、任意売却を成功させるには、厳しいものがあります。

*あくまでも、私の見解です。

私が任意売却専門の不動産会社を起業した理由

このような任意売却の取り扱う業界を目の当たりにし、大変失望をしたと同時に、私なら、もっと、依頼者(債務者)の方を最優先とした取引ができる!と確信しました。

不動産業、特に債権者が主導権を握っている任意売却で、債権者から信頼を得るには、担当者の経験と実績が重要なのです。

今までの経験を生かすことで”私なら、もっと依頼者(債務者)の役に立てる” ・ ”いいかげんな任意業者には任せられない” との思いで会社を設立したしだいです。

あまり、数多くの案件はできませんが、依頼を受けた案件は、全力で解決を目指します。

詳細は、職務経歴書をご参照ください

不動産仲介営業(約15年)では、不動産取引の基礎から応用、エンドユーザー向けの販売手法からクロージング・など

買取・再販営業(約10年)では、不動産競売の実務経験・債権債務に関する業務・債権者との交渉術・など

 

 

埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社である「ハウスパートナー株式会社」にご相談・お問い合わせください。

お客様から信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案いたします。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

埼玉県で、任意売却のご相談者は、任意売却専門の不動産会社「ハウスパートナー株式会社」へ

埼玉県で、任意売却のご相談は、任意売却専門の不動産会社「ハウスパートナー株式会社」

『ありがとうございました』

2014121215349.JPGのサムネイル画像

先日、任意売却にて取引を完了したお客様から、お礼のお品を頂戴いたしました。

お忙しい中をわざわざ当社までお越しいただき、大変に恐縮です。

不動産の営業として、取引完了後にお客様から感謝されることは、素直に嬉しく、これからの仕事のモチベーションUPに繋がります。

 

通常の任意売却での解決は、大変に難しい案件でした。

市役所との固定資産税の大幅な減額交渉や、販売中には、建物に雨漏りが発生したり、転居先の確保など、問題がたくさんあり過ぎました。

私も、市役所へ固定資産税の減額交渉に5回債権者との減額交渉7回と、いろいろと策を練り、今までの案件以上にとても苦労しました。

しかしながら、こうして取引が完了すると、任意売却を依頼して頂き、また、最後まで私を信じてお任せ頂いた依頼者の方に感謝です。

ありがとうございました。

埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社である「ハウスパートナー株式会社」にご相談・お問い合わせください。

お客様から信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案いたします。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

 

 

ページ上部へ