ホーム>スタッフブログ>ローンのお悩みについて

ローンのお悩みについて

住宅ローンは、何回滞納すると、不動産競売になりますか?

住宅ローンは、何回滞納すると、不動産競売になりますか?

埼玉で住宅ローンの滞納、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

金融機関や保証会社で異なりますが、

基本的には4~5回です。

 

しかし、すぐには競売は開始されません

金融期間や保証会社にも手続きがあり、すぐに不動産競売へと移行するわけではありません。

 

住宅ローンを滞納した場合の流れ

201811219232.jpg

滞納期間 1~5ヶ月 ・・・毎月の支払いの督促状や電話での催促があります。

滞納期間 5ヶ月以上・・・住宅ローン全額返済+延滞金の督促へと移行します。(期限の利益の喪失)

滞納期間 6ヶ月以上・・・ 債権が保証会社へ譲渡されます。(代位弁済)

要するに、滞納期間が5ヶ月までは、毎月の返済額の支払い請求を受けますが、6回目以降は、住宅ローン残額+延滞金の返済請求となり、大変厳しい状況となります。

 

代位弁済の通知が届いたら、すぐに任意売却の手続き

代位弁済の通知が届いたらすぐに任意売却の手続きをすることで、競売申請をストップさせることが可能です。

なぜなら、金融機関も強制的に競売にて資金資金回収することには、デメリットがあるからです

金融機関が競売申請するデメリット

  • 競売の申立て費用の負担が必要となる
  • 競売の場合、回収金額が低くなる
  • 資金回収までに、1年以上かかる

 

金融機関も任意売却を推奨しています

任意売却を推奨する理由

  1. 通常の不動産取引として売買されるため、一般的に競売より高値で売却できることが期待され、負債の縮減につながる
  2. 裁判所による手続である競売と比べると、ご自宅の引渡時期についての調整がしやすく、ご自宅退去後の生活設計が立てやすくなる

 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉

埼玉県で初めて、朝日新聞がススメル『住宅ローン滞納問題・不動産競売・任意売却』の専門家・プロとして登録されました


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

埼玉県で、朝日新聞がススメル『住宅ローン滞納問題・任意売却の専門家・プロ』として登録されました

朝日新聞がススメル『住宅ローン滞納問題・任意売却の専門家・プロ』として登録されました

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉朝日新聞

宅ローンの滞納でお困りの方、決して諦めないでください

売処分よりも、メリットのある『任意売却』という方法をご提案します! 

専門家WEBガイド マイベストプロとは?

任意売却とは

通常の不動産市場にて、所有者の意思のもと、任意に売却することです。

任意売却では、通常の市場価格で売却できるので、競売よりも高値で売却することができるので、売却後の残債務(住宅ローン)は少なくなります。したがって、債権者(金融機関)は、任意売却に前向きで推奨する場合が多いのです。

不動産競売とは

裁判所が職権で強制的に物件を処分することを言います。
競売は、通常の市場価格よりも低い金額で落札されることが多いので、売却後の残債務も多くなります。

任意売却も競売処分も、ご自宅を手放すことは同じです。
しかし、競売は裁判所が強制的に、作業を進めていきますので、所有者の要望はほとんど反映されません。したがって、引越費用などの支払いはなく、最終的には、強制的に退去をさせられることもあります。

任意売却専門の不動産会社とは 

住宅ローン滞納問題・競売・任意売却の解決には、高度な専門知識とノウハウ、金融機関をはじめとする債権者との交渉能力が必要です。それを専門に取り扱っているのが任意売却専門の不動産会社なのです

 

マイベストプロ5つの約束

地元で活躍するさまざまなジャンルのプロの中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。その場でプロに質問もできます!

新聞社・テレビ局等が運営するマイベストプロ事務局が独自の掲載基準に沿った審査の実施

マイベストプロの掲載基準に沿った審査を行い、業種業態によっては必要書類の提出、料金の明示を義務付けています。また、定期的に掲載者および掲載基準の見直しを行い、サイトの向上に努めます。

すべての掲載者に実際にお会いして取材

担当者が掲載予定者を訪問し、サービス内容や所在地等を事前確認。さらに、専門のライターが取材および記事の執筆を行うことで、掲載者のお人柄と正確な情報を伝える努力を行います。

掲載者の思い、顔が見える

インターネット上には匿名での情報も氾濫しておりますが、当サイトでは「掲載者の顔が見える」をコンセプトに掲げています。発信される情報に対して責任を持ち、皆さまに安心感を提供するため、掲載者が「見える」ことに努めます。

地元に根ざした独自のこだわりがある

さまざまな商品・サービスがある中、思わず「おっ!?」と目に留めてしまうような地域に根ざした独自のこだわりがある商品・サービスをご紹介できるよう努めます。

各分野で活躍する専門家の知恵が集まる

日常生活で役立つ知恵と、その知恵を持つ専門家が集まるサイトです。どこに相談すれば良いのかわからないといった「暮らしの悩み」や「ちょっと困った」を解決できる、そんなサイトを目指します。

 


埼玉県で、朝日新聞がススメル『住宅ローン滞納問題・不動産競売・任意売却』 の専門家・プロとして初めて登録されました

0

 

埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

住宅ローン滞納によるのお問い合わせ

住宅ローン滞納によるお問い合わせ

鴻巣市在住 Y様

 

相談内容

住宅ローンの返済が厳しく、約2ヶ月間滞納していて、今後どうなってしなうのでしょう?

回答

この度は、お問い合わせいただき、ありがとうございました。

一番ご心配している不動産競売になるには、約1年以上も先のことですのです。但し、このままの状況が続けば、100%の確率で、競売処分となります。

現在の状況から、この段階なら、金融機関と毎月・ボーナス時の返済金額の減額交渉等も可能ですので、速やかに金融機関とのご相談をお勧めいた

します。相談での注意点として、現況での無理のない返済金額の把握し、誠意をもって金融機関の担当者とお話してください。ご心配であれば、当社が同席してもかまいません。

金融機関と交渉の結果、支払いの減額をしても支払いが厳しく、その他の返済にも影響があるようであれば、債務整理についても、ご検討が必要になるかもしれません。いずれにしろ、現在の状況を正確に把握することが大切です。

*ご相談者の了承の上、掲載しております。

 

埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社にご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

 

 

 

埼玉県で、住宅ローンの返済でお悩みの方の相談室(住宅ローンを滞納すると・・・?)

埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方へ

Q.住宅ローンの返済が延滞・滞納すると、どうなってしまうか?

A.最終的には、裁判所が不動産を差押え、不動産競売での処分されてしまいます。
しかし、すぐに不動産競売処分となる訳ではありません。不動産競売処分までには、、相当の時間経過と債権者や裁判所からいろいろな通知が送付されてきます。

滞納の期間

通知書の名称

差出人

内容            

1ヶ月~4ヶ月

督促状・催告書

金融機関

住宅ローンの支払いを催促する内容です

5ヶ月

期限の利益の喪失・予約

金融機関

期限内に支払をしなければ、その後の金融機関からのローン全額+延滞金となります。

6ヶ月

代位弁済予約通知

金融機関

住宅ローン全額+延滞金の支払いができなければ、債権が銀行から保証会社へと移行する内容です

7ヶ月

代位弁済通知

保証会社

債権が銀行から保証会社へ移行したことを知らせる内容です。

8ヶ月

差押通知

裁判所

保証会社が裁判所に不動産競売の申立を申請したことを知らせる内容です。

9ヶ月

担保不動産競売開始決定通知

裁判所

不動産競売の申立てを受理したことを知らせる内容です

10ヶ月

現地調査通知

裁判所

不動産競売の入札に向けて、裁判所の調査官が、ご自宅へ調査にお伺いすることを知らせる内容です。

12ヶ月

期間入札決定通知

裁判所

不動産競売の入札日が決定したことを知らせる内容です。

14ヶ月~15ヶ月

不動産競売の公告・入札

16ヶ月

落札者が代金納付・所有権移転

18ヶ月

強制執行手続き

 *金融機関により、通知書の名称や送付れれる期間が異なります。

 

ハウスパートナー株式会社では、ご相談者様が新たな生活を踏み出す為に、

今、一番大切なことは、

現在の状況を正確に把握すること!金融機関・裁判所の推移を把握すること!

が重要と考えています。

現在のお客様の状況を正確に把握し、金融機関との交渉を踏まえ、今後の再生プランをご提案いたします。

埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社である「ハウスパートナー株式会社」にご相談・お問い合わせください。

お客様から信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案いたします。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

 

 

住宅ローン滞納によるお問い合わせ(銀行より催告書が届きました)

住宅ローン滞納によるお問い合わせ(銀行より催告書が届きました)

 

埼玉県上尾市在住 M様

この度は、お問い合わせいただきましてありがとうございます。

おそらく、今までに6回以上、住宅ローンの支払いを滞納し、滞納の度に督促状や銀行から連絡が届いていると思われますが・・・。

銀行から内容証明にて送付された通知書は、今までの通知書の中で1番重要な内容となります。

内容ですが、銀行が、住宅ローンの残額及び延滞金の全額の支払い(16,291,770円)を3週間以内に請求しています。この全額の支払いを期日までにしない場合には、期限の利益の喪失を経て、債権が、保証会社へ移行してしまいます。

簡単に説明すると、M様が銀行が指定する期日までに16,291,770円の支払いがない場合には、銀行は、M様との金銭貸借設定契約(住宅ローン借入時に契約済み)を破棄し、M様に代わり、保証会社より代位弁済(M様に代わり、保証会社が銀行16,291,770円を返済する)を受けることになります。

今後は、債権は銀行→保証会社へ移行し、保証会社より一括返済を請求されることになります。さらに、この保証会社からの請求の全額を支払わないと、不動産競売へと移行してしまうのです。

ただし、すぐに不動産競売へと移行するのではなく、不動産競売の入札が実施されるまでに、約6~7ヶ月の時間の猶予があります。不動産競売までの期間を利用して、不動産競売にて強制的に処分されてしまう前に、任意売却とういう方法があることをご存じでしょうか?

任意売却とは、金融機関の承認を得て、通常の不動産市場で売却することを言います。不動産競売と比較すると有利な多数あります。具体的には、①競売より高値で売却でき、債務が軽減できる②引越費用、生活資金の確保できる③引渡日が相談の上決定できる。などが挙げられます。

弊社は、任意売却を専門とした不動産仲介会社です。M様のご要望を踏まえた解決策をご提案、実行いたします。

ご不安、ご不明な点がございましたら、どうぞ、ご遠慮なくお問い合わせください。わかりやすく、ご丁寧にご説明いたします。

 

 

 

 

 

201471893818.jpg
20147189391.jpg

上記内容及び催告書は、ご相談者様から了承の上、掲載しております。

 

埼玉県で、住宅ローン滞納や不動産競売などでお困りの方は、「ハウスパートナー株式会社」にご相談・お問い合わせください。

お客様から信頼頂けるパートナーとして、解決をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

住宅ローン滞納によるお問い合わせ(本日、銀行に同行しました)

本日、住宅ローンの滞納についてご相談依頼を頂いているお客様と、みずほ銀行に同行してきました。

ご相談者様が住宅ローンを滞納している為に、銀行から呼び出しがあり、そこへ私も同行させていただいたのです。

同行することによって、次の2点が把握することができ、今後の解決策を無理なくにスムーズに実行することができるのです。

重要な2点とは

現在の住宅ローン滞納の状況を正確に把握できること

〇住宅ローンの残高や延滞金の金額がわかります

〇住宅ローンの支払金額の減額交渉ができます

今後の金融機関の対応について、正確に把握できること

〇あと何回滞納したら、不動産競売へと移行手続きをするのかわかります

〇競売回避の方法

 

銀行は、住宅ローン滞納者に対しいろいろな通知書(期限の利益の喪失通知・ 代位弁済通知など)を送付してきますが、ほとんどの方は、通知書の内容が把握できていないようです。その為、把握できないまま放置しているいる方がほとんどです。何も対策をせず、放置していると、すぐに、不動産競売へと移行してしまいます。不動産競売へ移行してしまうと、任意売却などの方法での解決には時間が足らなくなってしまうのです。ご相談頂いても、何もすることができず、お断りさせていただくことになってしまう場合もあるのです。

当社は、ご相談者様の現在の状況を正確に把握することが、いろいろな問題を解決する第一歩と考えております。

金融機関から呼び出しや、銀行に同行してほしいとのご要望がございましたら、どうぞ、ご遠慮なくお申し付けください。

 

 

 

埼玉県で、住宅ローン滞納や不動産競売でお困りの方は、「ハウスパートナー株式会社」にご相談・お問い合わせください。

お客様から信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

 

 

 

 

住宅ローン滞納によるお問い合わせ(代位弁済の通知書が届いた)

住宅ローン滞納によるお問い合わせ(保証会社より代位弁済の通知書が届いた)

東京都北区在住 K様

この度は、お問い合わせいただきましてありがとうございました。

代位弁済の通知書とは、住宅ローンの債権が銀行から保証会社へ移行したことを知らせる通知書となります。

今後、保証会社は、K様に対し、住宅ローンの残額および今までの延滞金の一括請求を求めてきます。この、支払いに応じなければ、100%の確率で、不動産競売へと移行していきます。不動産競売まで、残された時間は、約5~6ヶ月しかありません。

不動産競売になってしまうと、ご近所に知られてしまうことはもちろん、引越しや生活費の確保などできず、強制的に、明け渡さなければならない状況も考えられます。

弊社では、不動産競売となる前に、K様のご要望を踏まえた、不動産競売より有利な解決策をご提示いたします。

まずは、K様のご要望をお聞かせください。そのご要望を最優先に、債権者(保証会社)と交渉をし、解決のために全力でサポートします。

 

 

 

埼玉県で、住宅ローン滞納や不動産競売などでお困りの方は、ハウスパートナー株式会社にご相談者・お問い合わせください。

お客様から、信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

住宅ローン滞納によるお問い合わせ(任意売却後の残債はどうなる))

住宅ローン滞納によるお問い合わせ(任意売却後の残債務について)

埼玉県鴻巣市在住 M様

Q任意売却にて、住宅を処分したいのですが、査定価格で売却しても、住宅ローンの全額完済には、に足りません。残った残債は、どうなるのでしょうか?

査定価格 2500万円 住宅ローン残額 3000万円 差額500万円

差額の500万円は、現金で用意できません。

 

A.任意売却による不動産処分は、債権者の承諾を得てから、売買契約を締結しますので、住宅ローンが残っても売買契約することは可能です。

また、残った債務につきましては、0円にはなりません。無担保債権として、借金は残ります。しかし、今まで通りの返済額を支払い続けるのではなく、現在の収入と支出を検証し、少額づづ、無理のない範囲での返済をしていくことになります。

  直近の例として(任意売却にて処分)

購入金額 3500万円  住宅ローン 3000万円

  毎月の支払額          60,000円  

 ボーナスの支払い額 180,000円  

   downwardright 任意売却後の支払い金額

売価金額 2000万円 住宅ローン残額 1000万円

  毎月の支払額 20,000円 

    ボーナスの支払い額 0円

*不動産競売による処分でも、残債務は無担保債権として残ります。不動産競売より高値で売却できる任意売却の方が、債務を 縮小することができるので、不動産競売より不任意売却が有利となるいわれている点でもあります。

 

埼玉県で、住宅ローン滞納や不動産競売などでお困りの方は、「ハウスパートナー株式会社」に、ご相談・お問い合わせください。

お客様から信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

 

 

 

 

住宅ローン滞納によるお問い合わせ(住宅支援機構フラット35)

ここ最近、フラット35の返済相談が増えてきています。

将来的に返済が厳しくなる方、既に滞納している方など理由は、まちまちです。

住宅支援機構では、返済方法の変更などの相談を随時受け付けています。既に、住宅ローンを滞納(3ケ月以上)し、「期限の利益の喪失通知書」とう通知書を受け取っていなければ、相談は可能と思われます。

”毎月の返済でお困りのとき” ”返済方法の変更を希望するとき” ”返済期間の延長を希望するとき” 

など早めにご相談することが解決の近道です。

住宅支援機構へのお問い合わせはこちらになります。

住宅金融支援機構 Japan Housing Finance Agency (旧「住宅金融公庫」)

 

 

しかし、”期限の利益の喪失の通知書” ”代位弁済通知書”と通知を受けている方は、住宅ローン返済を一括返済しなければならない状態です。

このままの状況を放置すれば、不動産競売へと移行していきます。不動産競売へと移行する前に、債権者(住宅ローン借入者)にあった解決策が必ずあります。早い段階であれば、いろいろなご要望をお聞きすることも可能です。一日でも早く、信頼のおける不動産業者への相談が必要ですです。

 

 

 

埼玉県で、住宅ローン滞納や不動産競売などでお困りの方は、「ハウスパートナー株式会社」に、ご相談・お問い合わせください。

お客様から信頼頂けるパートナーとして、解決策を提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

住宅ローン滞納によるお問い合わせ(代位弁済通知書が届いた)

住宅ローン滞納によるお問い合わせ(代位弁済通知書が届いた)

Q.代位弁済通知書が届いたが、今後、どうなってしまうのでしょうか。

 

埼玉県上尾市在住 A様

この度は、お問い合わせありがとうございます。

住宅ローンを借入したときに、保証会社に保証料を支払っていることを覚えているでしょうか。その保証会社からの通知書になります。

A様が、住宅ローンの滞納を続けた為に、金銭貸借設定契約書に基づき、保証会社がA様の住宅ローンをすべて肩代わりしたのです。要するに、今までは、住宅ローン借入先が銀行(債権者)でしたが、これからは保証会社(債権者)へ移行したのです。

保証会社は、A様に対し、保証会社が肩代わりした住宅ローン全額(延滞金を含む)を一括で全額の支払いを請求します。もはや、分割での住宅ローン返済相談は、不可能な状況となります。このままの状況を放置していると、100%の確率で、不動産競売へと移行してしまいます。

不動産競売となるのか、不動産競売を回避し、任意売却という方法で不動産を市場価格で処分して、少しでも住宅ローンの借入額を少なくするのか、迷っている時間はありません。

不動産競売と比べ、一般の不動産市場で任意売却という方法で不動産を処分した方が、メリットが多数あります。

一人で悩まず、勇気をもってご相談下さい。A様のご要望を踏まえ、解決策をご提案し、最大限のサポートをお約束します。

 

A様のご了承の上、掲載しております。

                   

住宅ローンの返済でお悩みの方の相談窓口

埼玉県で、住宅ローン滞納や不動産競売などでお困りの方は、「ハウスパートナー株式会社」にご相談・お問い合わせください。

お客様から信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提示します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ