ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ

スタッフブログ

上尾市の「住宅ローン滞納問題・任意売却・競売」のご相談は、ハウスパートナー株式会社へ

上尾市の「住宅ローン滞納問題・任意売却・競売」のご相談は、ハウスパートナー株式会社へ

イメージ画像

 

ハウスパートナー株式会社は、任意売却専門の不動産会社

「住宅ローン滞納問題・任意売却・不動産競売」と専門に取り扱っている不動産会社は、首都圏でも数社しか存在していません。

任意売却という不動産売買は、通常の不動産取引とは異なり、債権者との交渉や債権債務や不動産競売の知識など、解決のノウハウが必要とされます。

不動産会社なら何処でも対応できるわけではありません。

 

ご要望を踏まえた解決策をご提案します

任意売却専門だからこそ、豊富な知識と経験を提供することで、ご要望に沿った解決策をご提案をさせて頂きます。

ご要望ベスト5

  1. 引越し費用・生活資金などの現金を確保したい
  2. 賃貸として、そのまま入居を続けたい(リースバック)
  3. 高値で売却して、住宅ローンを少しでも多く返済したい
  4. ご近所に知られる前に解決したい
  5. 親族間売買・将来、買戻しをしたい

 

解決のポイント

地域に密着した販売活動がと迅速な対応

ハウスパートナー株式会社では、埼玉県に密着することで、物件エリアの情報収集に力を注ぎ地域特性・住環境などを熟知して、販売活動に注力しています。

埼玉県

債権者が任意売却に同意する任意売却の価格が上昇していることから、不動産会社の販売力が早期解決のポイントとなっています。

*任意売却の成功率と実績

 

販売活動を重視

新聞折り込み・宅配チラシの実施

購入を検討いただけそうな方がお住まいのエリアに幅広く新聞折込、宅配などの広告活動を定期的に無料にて行います。

20187515477.jpg

 

ネット活用による広範囲への物件紹介

ネットを活用することで、多くの方へ物件をご紹介できるチャンスとなります

アットホーム・SUUMO(スーモ)・不動産ジャパン・ハトネットサイト埼玉などの大手不動産情報サイトへ掲載いたします。

 

SUUMO(スーモ)

不動産ジャパン

 

国土交通大臣指定のレインズ(不動産流通機構)への登録

国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているシステムへ登録を行います。
弊社以外の不動産会社へお客様からの購入相談があった際、共同仲介にて早期解決を目指します。
2016920155551.jpg

 

債権者との交渉力が成功失敗を左右する

都心部の不動産価格の高騰により、債権者が任意売却に同意する条件が変更されています。そこで、任意売却を取り扱う不動産会社では、高値で売却するノウハウが要求されるのです。

この変化に対応できない不動産会社は、任意売却の成功は勿論、有利な条件を引き出すことも、任意売却の成功も大変困難ば状況となっています。

 

悪質な一般社団法人・NPO法人には、依頼してはいけない

インターネットの広告欄に検索される一般社団法人やNPO法人は、任意売却の解決を目的としていません。

全国から顧客情報を集客して、その情報を不動産会社への転売を目的としています。

 

以前の任意売却は、買取専門の不動産会社への売却がほとんどでした。買主が買取の専門会社なら、販売活動もする必要もなく、簡単に解決できたからです。

 

しかし、現在は、競売の落札価格が上昇したことで、転売目的の不動産会社への売却は認めない方針となっています。

通常の不動産売却のように、販売活動に注力しなければ、決して任意売却が認められることはありません。よって、現在は、一般社団法人・NPO法人など顧客情報の集客を目的としている団体は、淘汰されているようです。

 
 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉

埼玉県で初めて、朝日新聞がススメル『住宅ローン滞納問題・不動産競売・任意売却』の専門家・プロとして登録されました


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

伊奈町の「住宅ローン滞納問題・任意売却・競売」のご相談は、ハウスパートナー株式会社

伊奈町の「住宅ローン滞納問題・任意売却・競売」のご相談は、ハウスパートナー株式会社へ

イメージ画像

 

任意売却を専門に取り扱う不動産会社

「住宅ローン滞納問題・任意売却・不動産競売」と専門に取り扱っている不動産会社は、首都圏でも数社しか存在していません。

任意売却という不動産売買は、通常の不動産取引とは異なり、債権者との交渉や債権債務や不動産競売の知識など、解決のノウハウが必要とされます。

 

ご要望を踏まえた解決策をご提案します

任意売却専門だからこそ、豊富な知識と経験を提供することで、ご要望に沿った解決策をご提案をさせて頂きます。

ご要望ベスト5

  1. 引越し費用・生活資金などの現金を確保したい
  2. 賃貸として、そのまま入居を続けたい(リースバック)
  3. 高値で売却して、住宅ローンを少しでも多く返済したい
  4. ご近所に知られる前に解決したい
  5. 親族間売買・将来、買戻しをしたい

 

解決のポイント

地域に密着した販売活動がと迅速な対応

ハウスパートナー株式会社では、埼玉県に密着することで、物件エリアの情報収集に力を注ぎ地域特性・住環境などを熟知して、販売活動に注力しています。

埼玉県

債権者が任意売却に同意する任意売却の価格が上昇していることから、不動産会社の販売力が早期解決のポイントとなっています。

*任意売却の成功率と実績

販売活動を重視

新聞折り込み・宅配チラシの実施

購入を検討いただけそうな方がお住まいのエリアに幅広く新聞折込、宅配などの広告活動を定期的に無料にて行います。

201875153712.jpg

 

ネット活用による広範囲への物件紹介

ネットを活用することで、多くの方へ物件をご紹介できるチャンスとなります

アットホーム・SUUMO(スーモ)・不動産ジャパン・ハトネットサイト埼玉などの大手不動産情報サイトへ掲載いたします。

 

SUUMO(スーモ)

不動産ジャパン

 

国土交通大臣指定のレインズ(不動産流通機構)への登録

国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているシステムへ登録を行います。
弊社以外の不動産会社へお客様からの購入相談があった際、共同仲介にて早期解決を目指します。
2016920155551.jpg

 

債権者との交渉力が成功失敗を左右する

都心部の不動産価格の高騰により、債権者が任意売却に同意する条件が変更されています。そこで、任意売却を取り扱う不動産会社では、高値で売却するノウハウが要求されるのです。

この変化に対応できない不動産会社は、任意売却の成功は勿論、有利な条件を引き出すことも、任意売却の成功も大変困難ば状況となっています。

 

悪質な一般社団法人・NPO法人には、依頼してはいけない

インターネットの広告欄に検索される一般社団法人やNPO法人は、任意売却の解決を目的としていません。

全国から顧客情報を集客して、その情報を不動産会社への転売を目的としています。

 

以前の任意売却は、買取専門の不動産会社への売却がほとんどでした。買主が買取の専門会社なら、販売活動もする必要もなく、簡単に解決できたからです。

 

しかし、現在は、競売の落札価格が上昇したことで、転売目的の不動産会社への売却は認めない方針となっています。

通常の不動産売却のように、販売活動に注力しなければ、決して任意売却が認められることはありません。よって、現在は、一般社団法人・NPO法人など顧客情報の集客を目的としている団体は、淘汰されているようです。

 
 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉

埼玉県で初めて、朝日新聞がススメル『住宅ローン滞納問題・不動産競売・任意売却』の専門家・プロとして登録されました


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

ご自宅が、競売で落札されてしまった場合の注意点 ー ハウスパートナー株式会社

必ず、落札者と合意の上、ご自宅を明け渡しましょう

埼玉で住宅ローンの滞納、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

ご自宅が競売となると、入札前に転居してしまう方・落札後すぐ退去してしまう方が多く見受けられます。

転居さえてしまえば、すべてが終わりではありません。

201872185723.jpg

 

必ず、落札者と合意の上、ご自宅を明け渡しましょう。

もし、落札者と明け渡しの交渉をしないで退去してしまうと、落札者から強制執行の費用が請求されてしまいます

  • 室内に残置物がない場合・・・30万円位
  • 室内に残置物がある場合・・・80万円 ~ 150万円位

落札者は、前所有者との明渡しの合意ができない場合、強制執行の手続きにて、裁判所から物件の引き渡しを受けることになります。

この場合、落札者は、強制執行に要した費用を前所有者の方へ請求ができるのです。

また、室内に荷物が残されていれば、その荷物等の処分費用も合わせて請求することが可能となります。

 

強制執行の費用や残した荷物の処分費用を請求をされると、新たな債務(負債)が確定してしまいます。

最近の競売では、落札者が請求するケースが非常に多くなっているので、ご注意下さい。

注意1:自己破産後の場合でも、新たな債務(負債)となってしまいます。

注意2:給与の差押を受ける可能性があります。

 

任意売却専門の不動産会社だからできること
  1. 当社が、旧所有者に変わり、落札者と明渡し交渉をします。
  2. さらに、落札者から、明渡し料の名目として、現金の受領を目指します。

20187219144.jpg

少しでも有利に、しかも明渡し料として現金が受領できれば、その後の生活が多少は楽になるはずです。

(過去の実績として、50万円~10万円)   *弁護士法72条を遵守

 

埼玉県内では初めて、朝日新聞がススメル【任意売却専門コンサルタント】として登録されました。

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 

クリックでサイトをご参照ください


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

埼玉県で、住宅ローンの滞納でお悩みの方へ(勇気を出して、ご連絡ください!)

埼玉県で、住宅ローンの滞納でお悩みの方へ

埼玉で住宅ローンの滞納、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

勇気を出して、ご連絡ください! 

当社は、ご相談者様の味方です!!

201862818738.jpg

多くのご相談者様は、住宅ローンの支払いを延滞するにつれて、

「誰にも相談できなかった」 

「相談先がわからなかった」 

「銀行や裁判所から届いた、通知書を開封しなかった。読まなっかた」 

などと、現実を直視していません。

さらに、「任意売却」という解決方法を知らない方がほとんどです。

 

手助けをするのが当社の仕事です

201862818437.jpg

住宅ローンや税金の滞納問題・不動産の差押えや裁判所から届いた競売開始決定通知などの相談をしたら、

叱られるのでは? 

恥ずかしいことなのでは? 

と思われていませんか。

 

決して、そのようなことはありません。

 

人それぞれのご事情があり、手助けをするのが当社の仕事です

 

面倒な金融機関や役所など差押解除の交渉は、すべて当社が代行します。

どうぞ、ご安心してお任せ下さい。

 

任意売却という不動産の売却方法は、

引越費用・生活資金を確保しできたり、

リースバック(そのまま賃貸として入居を続ける)で解決できたり、

債務を大幅に軽減できたりと、

競売処分するよりも、多くのメリットがあります。

*任意売却のメリットをご参照下さい。

 

債権者も任意売却を推奨しています

ほとんどの金融機関では、返済の継続が困難となり、返済継続を断念せざるを得ない場合には、任意売却をすることで残債務を圧縮することを勧めています。

  1. 通常の不動産取引として売買されるため、一般的に競売より高値で売却できることが期待され負債の縮減につながります。
  2. 売却に必要な経費(仲介手数料・抵当権抹消費用・引越費用など)が売却代金から配分される。
  3. 裁判所による手続である競売と比べると、ご自宅の引渡時期についての調整がしやすく、ご自宅退去後の生活設計が立てやすい。

 

『勇気を出して、相談して良かった!!』

201862818652.jpg

そして、任意売却にて問題解決された方々が、必ず最後に、口にする言葉があります。

それは、『勇気を出して、相談して良かった!!』です。

ほんの少しの勇気を持って、ご連絡を頂ければ、これも何かご縁の始まりです。

何もせず、不動産競売での処分を待つよりも、メリットの多い任意売却について、是非、当社にお任せください。

 

 

埼玉県内では初めて、朝日新聞がススメル【任意売却専門コンサルタント】として登録されました。

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 

クリックでサイトをご参照ください


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

埼玉県行田市の任意売却 販売から10日間で成約となりました

埼玉県行田市の任意売却 中古住宅が成約御礼!!

埼玉で住宅ローンの滞納、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

販売開始~成約まで10日間

地域した販売活動と大手ポータルサイトを活用

アットホーム

SUUMO(スーモ)

埼玉の不動産・賃貸なら埼玉県宅地建物取引業協会のハトらぶ埼玉まで

 

【物件概要】

・所在 行田市持田3丁目

・交通 秩父鉄道 持田駅 徒歩 18分

   高崎線 行田駅 徒歩28分

・土地 100.72㎡(30.46坪) 他、私道持分あり

・建物 1階38.09㎡ 2階31.46㎡ 計69.55㎡(21.03坪)

・構造 木造2階建て

・用途 第一種中高層住居専用地域

・建ぺい率 60%  容積率200%(168%)

・接道 西側4.2m私道(位置指定道路)に約12.7m接道

・設備 公営水道  本下水  個別PG   東京電力

・取引態様 専任媒介

201842084133.jpg
201842084239.JPG
20184209212.jpg
20184209234.jpg
2018420939.jpg
20184209337.jpg
 
 

 

20184209814.jpg

20184209842.jpg

 

20184209269.jpg
201842092638.jpg
 

 

 

埼玉県内では初めて、朝日新聞がススメル【任意売却専門コンサルタント】として登録されました。

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 

クリックでサイトをご参照ください


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

朝日新聞に掲載された埼玉県内の「任意売却専門コンサルタント」ハウスパートナー株式会社

埼玉県内の「任意売却専門コンサルタント」として、朝日新聞(6/16)に掲載されました

埼玉で住宅ローンの滞納、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

6月16日(土)の朝日新聞の朝刊に、「任意売却専門コンサルタント」として、掲載されました。

埼玉県内では、「任意売却専門コンサルタント」として掲載が認められたのは、ハウスパートナー株式会社 1社のみです。

2018618163311.jpg

2018618163347.jpg

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 

クリックでサイトをご参照ください

 

今までの実績が認められました

任意売却専門の不動産会社として設立してから、今年で5年目を迎えました。

成約率

 平成26年度   平成27年度   平成28年度   平成29年度 
100% 86.9% 84.6% 82.9%

成約エリア

  平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
上尾市 3 2 1 2
北本市 2 2 1 1
鴻巣市 2 2 2 2
加須市 1 2 1 1
久喜市 0 1 1 0
行田市 2 2 1 2
熊谷市 3 2 2 2
東松山市 1 1 1 1
羽生市 0 1 0 1
さいたま市 1 2 2 4
戸田市 0 0 1 0
川越市 0 0 1 0
蓮田市 0 0 1 1
伊奈町 0 0 1 1
桶川市 0 0 0 1
川口市 0 0 1 1
吉見町 0 0 0 1
東京都板橋区 0 1 1 0
東京都豊島区 0 1 0 0
東京都北区 0 0 1 0
群馬県高崎市 0 0 1 0

成約までの日数(媒介契約締結 ~ 売買契約の締結まで)

 平均日数 68日(最短20日・最長6ヶ月)

種別

  平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
マンション 8 11 11 9
中古住宅 8 8 9 10
その他 0 0 2 2

解決方法

 リースバック(賃貸として入居を継続)  5 
 入札形式による売却  4
 一般の不動産市場で売却  10
 親族間売買  1
 当社が買取り  0
 その他  1
 

 

住宅ローン滞納問題は、『埼玉県内の任意売却専門の不動産会社』 に相談しましょう!

住宅ローン滞納による任意売却という不動産取引は、通常の不動産売買とは異なり、債権債務の専門知識や解決のノウハウが必要となります。

ほとんどの大手不動産会社でも、任意売却の案件を取り扱いません。

また、相談者の弱みに付け込む悪質な業者が多く、相談者が住宅ローンを滞納している弱みから、実際に被害にあっても、表沙汰にならないようです。ご注意下さい。

絶対に依頼してはいけない業者や団体
  1. 一般社団法人
  2. NPO法人
  3. 全国24時間対応
  4. キャッシュバック・引越費用を約束する
  5. インターネットのリスティング広告に掲載

 


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

任意売却の失敗の原因は、囲い込み営業にあった

任意売却が成功しない理由は、「囲い込み営業」にあった

埼玉で住宅ローンの滞納、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

任意売却を不動産会社へ依頼しているにも関わらず、「いつまでも売れない・・・。」とお悩みを持っている方も多いはずです。

もしかしたら、不動産会社が実施している「囲い込み営業」に、理由があるかもしれません。

 

囲い込み営業とは

自社の利益(両手契約)を最優先とする売却方法です。

時間との勝負である任意売却では、絶対に行ってはいけないのです。

2018611165236.jpg

早期の売却を狙うには、不動産の情報を不動産流通機構(レインズ)を活用して、多くの不動産会社へ情報公開します。

しかし、囲い込み営業は、情報公開せずに、情報を隠している状態が続きます。売却情報が、他の不動産会社へ公開されないために不動産の売却が遅れてしまうのです。

 

なぜ不動産会社は、囲い込みを行うのでしょうか?

不動産会社が、「自社の利益を最優先」としているためです。

不動産会社は「両手契約」を行うことで、片手契約の2倍の仲介手数料を受領することができます。

そのため、囲い込みを行い、両手契約をする為に、他社からの購入希望者の紹介を一切受け付けないのです。

このような「囲い込み営業」は違法です。

*週間ダイヤモンドより、囲い込み営業の記事

 

囲い込み営業をこなう不動産会社の特徴

一般社団法人・NPOから紹介された不動産会社

一般社団法人・NPOから紹介を受けた不動産会社は、一般社団法人・NPOから顧客情報を有料で購入しています。

依頼者の情報を得る為に、費用が掛かっている為に、利益を優先とした販売手法(両手契約)を取らざる得ないのです。

 

囲い込み営業を見破る方法

不動産流通機構(レインズ)を確認する

不動産流通機構(レインズ)とは、国土交通省で定めている不動産会社のみが閲覧できる不動産の情報システムのことです。不動産会社は、不動産の売却の依頼を受けたときに、不動産流通機構(レインズ)へ不動産情報を登録し、依頼者へは、登録証明書が発行されます。

2018611174421.jpg

         登録証明書

201861117454.jpg

          販売図面

一度、不動産流通機構(レインズ)に登録してから、すぐに削除していた

白黒で汚い販売図面が登録されていた(興味がわかない)

といった不動産会社もありました。

不動産会社から登録証明書を受け取り、販売図面まで確認して下さい。

 

他の不動産会社への物件紹介を拒否しているケース

不動産流通機構(レインズ)に登録してあったとしても、他の不動産会社から問い合わせがあったときに

「申し込みが入っている」 「契約予定」など嘘をついて他の不動産会社への紹介を拒否しているのです。

その嘘を見破るには任意売却を依頼した不動産会社に対し、他の不動産会社のフリをして問い合わせをするしかありません。

「レインズを見て問い合わせているのですが、〇〇マンション 〇〇万円はまだありますか?」と問い合わせてをします。

【囲い込み営業をして行なっていない不動産会社】

  まだご紹介可能ですので、宜しくお願いします。

 

【囲い込みを行なっている不動産会社の返答】

  申し込みが入っています。  契約予定です。

不動産会社の返答だけで、囲い込み営業が行われているかどうか、判別することができます。

*現在、他社に任意売却中の方は、囲い込み営業がされていないか、当社で調査をしますので、ご相談下さい。

 

ハウスパートナー株式会社はお約束します!

当社は、業者買取(両手契約)にはこだわらず、囲い込営業は絶対にしません。

他の不動産会社に購入希望者が居れば、その不動産業者と共同仲介(片手契約)にて早期成約を目指します。

 

埼玉県内では初めて、朝日新聞がススメル【任意売却専門コンサルタント】として登録されました。

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 *クリックでサイトをご参照ください


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

埼玉県の任意売却 行田市持田3 中古住宅880万円 販売を開始しました

埼玉県行田市の任意売却 本日より販売を開始しました

埼玉で住宅ローンの滞納、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

行田市持田3丁目 中古住宅

販売価格 880万円

◆平成23年12月新築の築浅物件

◆2LDK+WIC+カースペース2台

投資物件としても可能です!

【物件概要】

・所在 行田市持田3丁目

・交通 秩父鉄道 持田駅 徒歩 18分

   高崎線 行田駅 徒歩28分

・土地 100.72㎡(30.46坪) 他、私道持分あり

・建物 1階38.09㎡ 2階31.46㎡ 計69.55㎡(21.03坪)

・構造 木造2階建て

・用途 第一種中高層住居専用地域

・建ぺい率 60%  容積率200%(168%)

・接道 西側4.2m私道(位置指定道路)に約12.7m接道

・設備 公営水道  本下水  個別PG   東京電力

・取引態様 専任媒介

ご案内ご希望の方は、お気軽に申し付け下さい!

201842084133.jpg
201842084239.JPG
20184209212.jpg
20184209234.jpg
2018420939.jpg
20184209337.jpg
 
 

 

20184209814.jpg

20184209842.jpg

 

20184209269.jpg
201842092638.jpg
 

 

 

埼玉県内では初めて、朝日新聞がススメル【任意売却専門コンサルタント】として登録されました。

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 *クリックでサイトをご参照ください


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

競売するよりも任意売却が断然有利! ー ハウスパートナー株式会社

競売よりも、任意売却を勧める理由があります!

埼玉で住宅ローンの滞納、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

住宅ローンの滞納により、強制的に処分されてしまう競売を回避して

「少しでも有利に解決したい」

その方法が任意売却です。

また、債権者も任意売却を勧めていますので、任意売却とういう解決方法を

利用して下さい。

 

任意売却のメリット

是非、任意売却のメリットを知ってください。

任意売却を行うにあたり一切費用は掛からないこと

競売では、落札されるまでの遅延損害金が14.5%~増加することになります。
一方の任意売却では、依頼者(債務者)が費用を負担する事(現金を用意すること)はありません。

任意売却に必要とされる費用(仲介手数料・抵当権抹消費用・引越費用・等)は、売却代金の中から配分される仕組みなので、現金を用意する必要はありません。

 

 市場価格で売却が可能

競売では市場価格の70%~80%の価格でで落札される為に、多額のローンが残ってしまう可能性があります。

競売後には、債権者から多額の返済を請求され、勤務先の給料が差押えられる可能性もあります。

 

任意売却後、無理のない返済計画が可能

任意売却後、債権者との話し合いにより無理のない返済計画に基づいた返済が可能になります。

(最低5,000円~とする債権者が多いようです)

 

引越時期・条件において相談が可能

競売では札者から強制的に立退きを迫られ、法的措置(強制執行)を執行させることもあります。

しかし、任意売却では、債権者との話し合いの中で、引越費用期や条件面で相談することが可能です。

債権者との交渉次第では、引越費用を売却代金の中から、受け取ることも可能となります。(受領例:10万円~30万円)

 

 プライバシーが守れ、精神的なダメージが少ない

競売にかかると(公告後)、競売情報として裁判所のHPに室内外の写真付きに物件詳細が公開されてしまいます。

入札を検討している不動産業者などが、ご自宅周辺の調査をする為に、ご近所の方にに知られてしまい、精神的なダメージも大きくなります。

しかし、任意売却では通常の販売活動が実施される為に、プライバシーが保護されます。

また、リースバックと言う解決方法であれば、引き続き住み続けることも可能です。

*リースバックとは…ご参照下さい

 

税金の滞納による延滞金が、売却代金から配分される

税金の滞納は、自己破産しても免責れることはありません。

任意売却では、税金の滞納により差押登記が設定させている場合、売却代金の中から、税金滞納分として配分を受けることが可能となります。(差押登記が設定されている場合で、上限30万円。但し債権者によって異なります)

また、任意売却の際、自治体等との減額交渉が可能となりますので、遅延損害金等が免除となる可能性もあります。

 

マンション管理費の滞納額が、売却代金から配分される

任意売却では、マンション管理費を滞納している場合、売却代金の中から、マンション滞納分として配分を受けることが可能となります。(上限30万円。但し、債権者によって異なります)

 
 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉

埼玉県で初めて、朝日新聞がススメル『住宅ローン滞納問題・不動産競売・任意売却』の専門家・プロとして登録されました


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

埼玉年金・関東年金の任意売却について(年金福祉信用保証株式会社)

埼玉年金・関東年金の任意売却について(年金福祉信用保証株式会社)

埼玉で住宅ローンの滞納、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

年金融資は、任意売却を勧めています

埼玉年金・関東年金(代弁弁済後の任意売却の業務は、年金福祉信用保証株式会社に移行します)では、返済の継続が困難となり、返済継続を断念せざるを得ない場合には、融資住宅等の残債務を圧縮する任意売却を勧めています。

任意売却は、不動産競売のように法的手続による強制的な物件処分ではないため、円滑な任意売却の実施に向けての手続きが必要となります。

 

任意売却をお勧めする理由

  1. 通常の不動産取引として売買されるため、一般的に競売より高値で売却できることが期待され、お客さまの負債の縮減につながります。
  2. 裁判所による手続である競売と比べると、ご自宅の引渡時期についての調整がしやすく、ご自宅退去後の生活設計が立てやすくなります。

 

任意売却手続の流れ

年金福祉信用保証株式会社が指定する書式に基づいた手続きが必要となります。

任意売却を熟知している不動産会社でなければ、正しい対応することは難しいことです。

 

「任意売却に関する申出書」の提出
2018629216.jpg

任意売却の手続に入る前に、年金福祉信用保証株式会社へ

「任意売却に関する申出書」をご提出します。

その際、不動産仲介業者の選定についての指示が必要になります。

また、その他の金融機関から借入金がある場合には、残高証明書の添付が必要です。

*捺印は実印となり、印鑑証明書の添付要

 

「査定報告書」の提出
20186293059.jpg

査定報告書には

・間取図  ・近隣事例  ・住宅地図  

・室内の写真(各部屋 キッチン トイレ 風呂 玄関 等)

・外観写真(道路の状況  隣地との距離  等)

・登記簿謄本の原本

を添付して、査定価格の根拠が必要となります。

 

 

「販売価格が決定」

仲介業者の査定価格を参考に、販売価格が決定します。

*この段階では、市場価格よりも高い価格設定となります。

 

「専任媒介契約書」の写しの提出
20186292214.jpg

販売を依頼する不動産会社との間にて、専任媒介契約(販売の契約)

を締結します。

契約を締結した証として、専任媒介契約の写しの提出が必要となります。

 

「レインズ登録証明書」の提出
201861183333.jpg

専任媒介契約を締結すると、不動産会社は、7日以内に、国土交通省で定めている不動産流通機構(レインズ)に、物件登録しなければなりません。

これは、他の不動産会社にも情報公開することで、いち早く成約を目指すためです。

このレインズ登録が正しく、正確に実施されているかを確認する為に、レインズ登録証明書の提出が必要となります。

 
 
「販売活動報告書」の提出
20186118434.jpg

1ヶ月に1回、販売活動報告書の提出が必要となります。

期間内に実施した販売活動の内容や反響状況を具体的に報告しなければなりません。

また、ポータルサイトへの掲載記事や折り込みチラシなどの原本の添付も必要となります。

 

購入者が決定したら

 

「配分案」の提出
2018629236.jpg

購入者が決定したら、売買代金の配分案を作成します。

この配分案の提出前には、各債権者との事前協議が必要となります。

 

 

「代金決済予定日等の報告書」の提出

20186292349.jpg

「生活状況表」の提出
20186292439.jpg

残った住宅ローンについての支払い相談となります。

現在の収入や家賃・生活費などの固定費用を考慮して上で、その後の返済額を決定します。

任意売却後、無理な返済とならないように、記載方法についてア

ドバイス致します。

年金融資の滞納問題は、ハウスパートナー株式会社

年金融資のお支払いでお困りの方は、埼玉内を営業エリアとしている任意売却専門の不動産会社 ”ハウスパートナー株式会社” にご相談下さい。

 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉

埼玉県で初めて、朝日新聞がススメル『住宅ローン滞納問題・不動産競売・任意売却』の専門家・プロとして登録されました


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

ページ上部へ