ホーム>スタッフブログ>不動産用語の解説

不動産用語の解説

任意売却のメリットとは

任意売却のメリットについて

任意売却の読み方は「にんいばいきゃく」で、よく省略して任売「にんばい」といいます。

任売売却とは、住宅ローンが支払えなくなった方(債務者)が、住宅ローンの借入先(銀行などの金融機関)の合意に基づき、不動産所有者が通常の不動産市場のにて売却することをいいます。

強制的に売却処分されてしまう不動産競売と比較すると、任売売却の方がメリットが多く、例としてあげてみます。

1.売却価格について

通常の不動産市場で、相売却が可能ですので、相場価格にての処分ができます。

2.残った債務(住宅ローン)について

残った債務については、金融機関と相談の上、無理のない金額(3,000円~30,000円)で、毎月の返済が可能です。また、市場価格での売却ですので、大幅に住宅ローンの残債を減らすことができます。

3.引渡日につい

買主と相談の上、引渡日を決めることが可能です。

4.引越費用について

債権者との交渉により、売却代金の一部を引越し費用として受け取れます。

5.プライバシーについて

ご近所に知られることなく、住み替えが可能です。不動産競売ではネットや新聞広告に住所が掲載されてしまいます。

 

 

埼玉県で、住宅ローンの滞納や競売などでお困りの方は、「ハウスパートナー株式会社」にご相談・お問い合わせください。

お客様から信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提示します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

 

担保不動産競売開始決定とは

担保不動産競売開始決定とは

住宅ローンの返済について滞納を続けていると、不動産を管轄している地方裁判所より『担保不動産競売開始決定』という通知書が届きます。

これは、債権者(銀行や保証会社)が、債務者(住宅ローンの借入者)に対し、少しでも多くの住宅ローンを回収するために裁判所にも申立て申請し、これを裁判所が受理したことを知らせる通知です。これで、正式に競売手続きの開始となります。

また、開始と同時に、不動産登記簿の甲区の欄に、差し押さえと記載されます。また、差し押さえになったことを『配当要求終期の公告』として、裁判所で公開され、誰でも閲覧することができてしまうのです。

そして、今後概ね6ヶ月位の期間で、競売が完了してしまいます。

現地調査の為のご連絡通知

  ↓約1ケ月 *執行官が訪問する日時についての通知です。

執行官による現地調査

  ↓約1ケ月 *執行官が訪問します。不在であっても、鍵を解錠し室内の調査をします。

期限実施の通知書

  ↓約1ケ月 *入札の期日を通知します。

不動産競売入札の開始

  ↓約1ケ月  *入札が開始します。

落札

  ↓約1ケ月  *落札者決定します。

退去・明け渡し *最悪の場合は、強制執行による退去となります。

 

埼玉県で、住宅ローンの滞納や競売などでお困りの方は、『ハウスパートナー株式会社』に、ご相談・お問い合わせください。

お客様から信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提示します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

 

 

住宅ローン滞納による督促状・催告書について

住宅ローンに支払いを滞納すると、まず、金融機関から 『ご連絡』『来店依頼状』『督促状』等の通知、ご連絡があります。

さらに、滞納が約20日を超え滞納を続けると、金融機関から『催告書』という書面が届きます。内容は、以前に届きました

『督促状』に加え、『指定期日までに〇〇〇円支払わなければ、法的手続きに移行します』という内容です。

すなわち、法的手続き=最終的には不動産競売手続きへ移行しますとの内容で、催告書より厳しい状況になります。

すぐに、不動産競売になることではありませんが、今後の対応を早急に立てなければなりません。一番やってはいけないこと

は、何も行動しないことです。金融機関は、少しの時間の猶予も与えてくれません。待ったなしです。

 

そこで、ハウスパートナー株式会社では、ご相談者様に代わり、債権者と交渉を行い、ご相談者様のご要望を踏まえた解決策を

ご提案いたします。どうぞ、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

埼玉県で、住宅ローンの滞納や競売などでお困りのかたは『ハウスパートナー株式会社」にお問い合わせください。

お客様との信頼いただけるパートナーとして、解決策をご提示します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

 

 

ページ上部へ