ホーム>スタッフブログ>新型コロナウイルスの影響による「住宅ローン返済」について

新型コロナウイルスの影響による「住宅ローン返済」について

コロナ禍で、住宅ローン滞納者を狙った悪質業者が急増中!

インターネット広告の90%以上は、顧客情報の転売を目的とする悪質業者

埼玉県で住宅ローン滞納問題、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

新型コロナウイルス感染症の拡大により、住宅ローン滞納者を狙った悪質業者が急増していますので、ご注意下さい。

 

悪質業者の目的は「顧客情報の転売」です

インターネットリスティング広告を利用して、全国各地からご相談者の情報を集め、その顧客情報を転売目的としている悪質業者が急増しています。
どの業者も、ホームページには、任意売却の専門家のような触れ込みですが、実情は全く異なっています。

一番の問題点は、ホームページ業者が「任意売却の解決に向けた実務を全くしない」ということです。

冷静に考えれば、不動産売買(仲介)において、全国対応することは不可能なのです。大手不動産仲介会社でも、各地に拠点を置き、地域に密着した営業活動をしています。
迅速な対応や専門知識を要求される任意売却では、全国各地を対応することは不可能です。

 

悪質業者の見極める方法とは

住宅ローン滞納問題や任意売却は、相談や依頼する相手を間違えてしまうと、任意売却が失敗するだけでなく、金銭トラブルにも見舞われることも多々あるようです。
まずは、ホームページに掲載されている内容を精査することをお勧めします。

全国対応・24時間対応、依頼してはいけない

迅速な対応や地域密着した販売活動が要求される任意売却では、有利な解決へと導くことは不可能です。
ホームページに、「全国対応・24時間対応」と記載されていたら、要注意です。

 

一般社団法人 ・ NPO法人、依頼してはいけない

任意売却を取り扱う公的機関は存在しません。
さらに、一般社団法人・NPOには、宅地建物取引業の免許がありませんので、任意売却に関する実務が一切できません。(相談のみ)

どの一般社団法人・NPOも、公的機関と間違てしまう名称であることが特徴です。

 

宅地建物取引業の免許がない、依頼してはいけない

任意売却は、不動産の売買の一種ですので、依頼を受ける業者には、宅地建物取引業の免許が必要でとなります。さらに、債権者(金融機関など)も、任意売却の実務を行う不動産会社に対して、宅地建物取引業免許の確認も行われます。

しかし、顧客情報の転売を目的している業者には、宅地建物取引業がありません。
宅地建物取引業の免許がなければ、任意売却にに関する一切の実務ができないはずなのですが…。

20211118194822.jpg

建設業者・宅建業者等企業情報検索システム

宅地建物取引業免許の有無が確認できます *クリックでご参照下さい

宅地建物取引業の免許には、都道府県知事免許と国道交通大臣免許の2種類の免許があります。

都道府県知事の免許・・・1つの都道府県内のみに不動産業を営む事務所を設置する場合に必要な免許です。
国道交通大臣の免許・・・複数の都道府県に、不動産業を営む事務所を設置する場合に必要な免許です。

 
お問合せ先とは違う業者が対応する

お問い合わせをすると、折り返しの電話がホームページ掲載業者とは違い、提携業者と名乗る別の業者から連絡が入ります。
この提携先が、あなたの顧客情報を購入した不動産会社です。

この提携先が、解決のノウハウがある任意売却に精通している不動産会社なのか?確認する方法がありません。

 

 

  アータイプ

クリックでサイトをご参照ください


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。
お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

「北本市・鴻巣市・行田市」にお住まいで、コロナの影響で住宅ローン返済でお困りの方へ。

「北本市・鴻巣市・行田市」にお住まいの方、ご相談を受付中です。

埼玉県で住宅ローン滞納問題、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

新型コロナウイルスの影響で収入が減り、住宅ローンの返済にお困りの方が全体の20%程度になるとのデータがあります。

住宅金融支援機構や各金融機関では、新型コロナの影響で収入減の方に対して、返済条件の見直しや返済金額を軽減したりする対応をしていましたが、長引くコロナの長期化で、「住宅ローン返済ができない」「ご自宅の売却するしかない」など、「北本市・鴻巣市・行田市」にお住まいの方からのご相談が急増してる状況です。

 

住宅ローンを滞納すると、どうなるのか?

202131164113.jpg

滞納から、3ヶ月

金融機関から、催促の電話督促状・催告書などの通知書が届きます。
*滞納金額に対して、遅延損害金が発生します。

 

滞納から、4~5ヶ月後

金融機関から「期限の利益の喪失」通知書が届きます

期限の利益の喪失(銀行との住宅ローン契約が破棄される)となり、住宅ローンの分割での返済ができなくなり、住宅ローン全額+遅延損金の合計を一括返済請求されます。
*住宅ローン残額に対して、遅延損害金が発生します。
*金融機関の信用情報に掲載(ブラックリスト)されます

 

滞納から、5~6ヶ月後

保証会社から、「代位弁済」通知書が届きます。
代位弁済(保証会社が債務者に代わって、住宅ローンの残額を金融機関に支払った)という内容です。
保証会社から、住宅ローンの残額+滞納時の遅延損害金を一括返済請求されます。
そのまま放置すると、保証会社が「競売」の申立を申請します。

 

住宅ローン返済できない場合の対処方法

住宅ローンの支払いが約6ヶ月以上の期間、滞納してしまうと、100%の確率で競売にかけられ、法的手続きにおいて、強制的にご自宅から立ち退かなければならなくなります。

この競売を回避する手段が「任意売却」という方法です。

 

任意売却とは

不動産競売にかけられ、強制的に処分されてしまう前に、住宅ローンなどの融資を受けている各金融機関との合意に基づいて、融資の返済が困難になった不動産を売却する手続きです。通常の売却不動産物件として、一般の市場価格で売却することになります。

 

任意売却 8つのメリット

任意売却を検討されている方は、事前にメリットを正しく理解しておくことが大切です。

202131164531.jpg

①任意売却の費用負担は0円・現金を用意する必要なし

不動産会社へ支払う仲介手数料や抵当権抹消費用・管理費・修繕積立金(マンションの場合)・固定資産税住民税の滞納分などの費用が売却代金より配分され、債権者より支払われるため、経済的負担が軽減されます。

 

②市場価格に近い価格で売却ができる

通常の売却物件として販売されるので、市場価格に近い価格で売却ができます。

 

③自分の意思で売却ができる

任意売却は、所有者の意思によって売却手続きを行う為に、納得したうえでの売却となります。

 

④引越費用や生活資金などが配分される

競売の場合では、これらの費用は一切認められないのに対し、任意売却では、債権者と交渉することによって、売却代金の中から、引越費用や生活資金などが配分されます。

 

⑤周囲に知られずに、プライバシーが保護されます

競売の場合、裁判所のホームページや専門誌などに物件情報や外観写真などがが掲載され、裁判所の執行権による現地調査なども行われます。

一方、任意売却の場合は、通常の売却物件として掲載されるので、ご近所の人などに、売却理由が知られることなくプライバシーを守ることができます。

 

⑥残った住宅ローンは、分割返済が可能

債権者との交渉により、残った住宅ローンの支払いについて協議することができます。

債権者は、収入状況や生活状況を調査の上、現実的な返済額や返済方法を選択することができます。

 

⑦滞納している税金の支払いも可能

任意売却では、売却代金の中から滞納している固定資産税や住民税などの税金の一部又は全額を支払うことができます。

また、その際、自治体と減額交渉することで大幅な債務免除を受けられることもあります。

 

⑧そのまま居住を続けられる可能性がある(リースバック)

投資家・親兄弟・親戚などに購入してもらい、賃貸住宅として家賃を支払うことで、居住を続ける(リースバック)事が可能です。

競売の場合は、間違いなく強制退去となります。

 

「住宅ローン滞納・任意売却・競売」に特化したハウスパートナー株式会社

当社は、首都圏でも数少ない「住宅ローン滞納・任意売却・競売」に特化した不動産仲介会社です。

任意売却を成功へ導く為の、債権債務の知識・債権者との交渉力・解決ノウハウ・実績と経験があり、任意売却専門コンサルタントが、最初~アフターフォロー(ご相談~解決方法のご提案~債権者交渉~販売~契約~転居先探~引渡~残ったローン支払い交渉まで、すべて対応します。

また、ご相談内容(自己破産や債務整理など)によっては、弁護士・司法書士などの各専門家と連携して解決します。

 

202131165216.jpg

 

「埼玉県限定」の対応エリア

当社の対応エリアは、埼玉県内限定です。

埼玉県

迅速な対応が要求される任意売却では、時間との勝負でもあります。販売活動において、条件の良い買主を探さなければなりません。

さらに、依頼者様との信頼関係がなければ、解決できない内容も多くあります。

ご依頼頂いた任意売却を確実に成功させる為にも、「販売活動に注力できるエリア」「迅速対応できるエリア」考え、埼玉県内を対応エリアとしています。

 

一人で悩まず、今すぐにご相談下さい!

新型コロナの影響で、住宅ローン返済にお悩みの方は、あなただけではありません。任意売却専門コンサルタントが、 専門的な知識と解決ノウハウで住宅ローン滞納問題について、 最適な解決方法をご提案します。

フリーダイヤル(0120-720-535)又は、メールフォームにて お気軽にお悩みをご相談下さい。
ご相談内容は秘密厳守致します。

 
 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 

*詳細は、クリックでご参照下さい


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

「さいたま市」にお住まいで、コロナの影響で住宅ローン返済でお困りの方へ。

「さいたま市」にお住まいの方、ご相談を受付中です。

埼玉県で住宅ローン滞納問題、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

新型コロナウイルスの影響で収入が減り、住宅ローンの返済にお困りの方が全体の20%程度になるとのデータがあります。

住宅金融支援機構や各金融機関では、新型コロナの影響で収入減の方に対して、返済条件の見直しや返済金額を軽減したりする対応をしていましたが、長引くコロナの長期化で、「住宅ローン返済ができない」「ご自宅の売却するしかない」など、「さいたま市」にお住まいの方からのご相談が急増してる状況です。

 

住宅ローンを滞納すると、どうなるのか?

202131164113.jpg

滞納から、3ヶ月

金融機関から、催促の電話督促状・催告書などの通知書が届きます。
*滞納金額に対して、遅延損害金が発生します。

 

滞納から、4~5ヶ月後

金融機関から「期限の利益の喪失」通知書が届きます

期限の利益の喪失(銀行との住宅ローン契約が破棄される)となり、住宅ローンの分割での返済ができなくなり、住宅ローン全額+遅延損金の合計を一括返済請求されます。
*住宅ローン残額に対して、遅延損害金が発生します。
*金融機関の信用情報に掲載(ブラックリスト)されます

 

滞納から、5~6ヶ月後

保証会社から、「代位弁済」通知書が届きます。
代位弁済(保証会社が債務者に代わって、住宅ローンの残額を金融機関に支払った)という内容です。
保証会社から、住宅ローンの残額+滞納時の遅延損害金を一括返済請求されます。
そのまま放置すると、保証会社が「競売」の申立を申請します。

 

住宅ローン返済できない場合の対処方法

住宅ローンの支払いが約6ヶ月以上の期間、滞納してしまうと、100%の確率で競売にかけられ、法的手続きにおいて、強制的にご自宅から立ち退かなければならなくなります。

この競売を回避する手段が「任意売却」という方法です。

 

任意売却とは

不動産競売にかけられ、強制的に処分されてしまう前に、住宅ローンなどの融資を受けている各金融機関との合意に基づいて、融資の返済が困難になった不動産を売却する手続きです。通常の売却不動産物件として、一般の市場価格で売却することになります。

 

任意売却 8つのメリット

任意売却を検討されている方は、事前にメリットを正しく理解しておくことが大切です。

202131164531.jpg

①任意売却の費用負担は0円・現金を用意する必要なし

不動産会社へ支払う仲介手数料や抵当権抹消費用・管理費・修繕積立金(マンションの場合)・固定資産税住民税の滞納分などの費用が売却代金より配分され、債権者より支払われるため、経済的負担が軽減されます。

 

②市場価格に近い価格で売却ができる

通常の売却物件として販売されるので、市場価格に近い価格で売却ができます。

 

③自分の意思で売却ができる

任意売却は、所有者の意思によって売却手続きを行う為に、納得したうえでの売却となります。

 

④引越費用や生活資金などが配分される

競売の場合では、これらの費用は一切認められないのに対し、任意売却では、債権者と交渉することによって、売却代金の中から、引越費用や生活資金などが配分されます。

 

⑤周囲に知られずに、プライバシーが保護されます

競売の場合、裁判所のホームページや専門誌などに物件情報や外観写真などがが掲載され、裁判所の執行権による現地調査なども行われます。

一方、任意売却の場合は、通常の売却物件として掲載されるので、ご近所の人などに、売却理由が知られることなくプライバシーを守ることができます。

 

⑥残った住宅ローンは、分割返済が可能

債権者との交渉により、残った住宅ローンの支払いについて協議することができます。

債権者は、収入状況や生活状況を調査の上、現実的な返済額や返済方法を選択することができます。

 

⑦滞納している税金の支払いも可能

任意売却では、売却代金の中から滞納している固定資産税や住民税などの税金の一部又は全額を支払うことができます。

また、その際、自治体と減額交渉することで大幅な債務免除を受けられることもあります。

 

⑧そのまま居住を続けられる可能性がある(リースバック)

投資家・親兄弟・親戚などに購入してもらい、賃貸住宅として家賃を支払うことで、居住を続ける(リースバック)事が可能です。

競売の場合は、間違いなく強制退去となります。

 

「住宅ローン滞納・任意売却・競売」に特化したハウスパートナー株式会社

当社は、首都圏でも数少ない「住宅ローン滞納・任意売却・競売」に特化した不動産仲介会社です。

任意売却を成功へ導く為の、債権債務の知識・債権者との交渉力・解決ノウハウ・実績と経験があり、任意売却専門コンサルタントが、最初~アフターフォロー(ご相談~解決方法のご提案~債権者交渉~販売~契約~転居先探~引渡~残ったローン支払い交渉まで、すべて対応します。

また、ご相談内容(自己破産や債務整理など)によっては、弁護士・司法書士などの各専門家と連携して解決します。

 

202131165216.jpg

 

「埼玉県限定」の対応エリア

当社の対応エリアは、埼玉県内限定です。

埼玉県

迅速な対応が要求される任意売却では、時間との勝負でもあります。販売活動において、条件の良い買主を探さなければなりません。

さらに、依頼者様との信頼関係がなければ、解決できない内容も多くあります。

ご依頼頂いた任意売却を確実に成功させる為にも、「販売活動に注力できるエリア」「迅速対応できるエリア」考え、埼玉県内を対応エリアとしています。

 

一人で悩まず、今すぐにご相談下さい!

新型コロナの影響で、住宅ローン返済にお悩みの方は、あなただけではありません。任意売却専門コンサルタントが、 専門的な知識と解決ノウハウで住宅ローン滞納問題について、 最適な解決方法をご提案します。

フリーダイヤル(0120-720-535)又は、メールフォームにて お気軽にお悩みをご相談下さい。
ご相談内容は秘密厳守致します。

 
 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 

*詳細は、クリックでご参照下さい


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

「上尾市・桶川市・伊奈町」にお住まいで、コロナの影響で住宅ローン返済でお困りの方へ。

「上尾市・桶川市・伊奈町」にお住まいの方、ご相談を受付中です。

埼玉県で住宅ローン滞納問題、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

新型コロナウイルスの影響で収入が減り、住宅ローンの返済にお困りの方が全体の20%程度になるとのデータがあります。

住宅金融支援機構や各金融機関では、新型コロナの影響で収入減の方に対して、返済条件の見直しや返済金額を軽減したりする対応をしていましたが、長引くコロナの長期化で、「住宅ローン返済ができない」「ご自宅の売却するしかない」など、「上尾市・桶川市・伊奈町」にお住まいの方からのご相談が急増してる状況です。

 

住宅ローンを滞納すると、どうなるのか?

202131164113.jpg

滞納から、3ヶ月

金融機関から、催促の電話督促状・催告書などの通知書が届きます。
*滞納金額に対して、遅延損害金が発生します。

 

滞納から、4~5ヶ月後

金融機関から「期限の利益の喪失」通知書が届きます

期限の利益の喪失(銀行との住宅ローン契約が破棄される)となり、住宅ローンの分割での返済ができなくなり、住宅ローン全額+遅延損金の合計を一括返済請求されます。
*住宅ローン残額に対して、遅延損害金が発生します。
*金融機関の信用情報に掲載(ブラックリスト)されます

 

滞納から、5~6ヶ月後

保証会社から、「代位弁済」通知書が届きます。
代位弁済(保証会社が債務者に代わって、住宅ローンの残額を金融機関に支払った)という内容です。
保証会社から、住宅ローンの残額+滞納時の遅延損害金を一括返済請求されます。
そのまま放置すると、保証会社が「競売」の申立を申請します。

 

住宅ローン返済できない場合の対処方法

住宅ローンの支払いが約6ヶ月以上の期間、滞納してしまうと、100%の確率で競売にかけられ、法的手続きにおいて、強制的にご自宅から立ち退かなければならなくなります。

この競売を回避する手段が「任意売却」という方法です。

 

任意売却とは

不動産競売にかけられ、強制的に処分されてしまう前に、住宅ローンなどの融資を受けている各金融機関との合意に基づいて、融資の返済が困難になった不動産を売却する手続きです。通常の売却不動産物件として、一般の市場価格で売却することになります。

 

任意売却 8つのメリット

任意売却を検討されている方は、事前にメリットを正しく理解しておくことが大切です。

202131164531.jpg

①任意売却の費用負担は0円・現金を用意する必要なし

不動産会社へ支払う仲介手数料や抵当権抹消費用・管理費・修繕積立金(マンションの場合)・固定資産税住民税の滞納分などの費用が売却代金より配分され、債権者より支払われるため、経済的負担が軽減されます。

 

②市場価格に近い価格で売却ができる

通常の売却物件として販売されるので、市場価格に近い価格で売却ができます。

 

③自分の意思で売却ができる

任意売却は、所有者の意思によって売却手続きを行う為に、納得したうえでの売却となります。

 

④引越費用や生活資金などが配分される

競売の場合では、これらの費用は一切認められないのに対し、任意売却では、債権者と交渉することによって、売却代金の中から、引越費用や生活資金などが配分されます。

 

⑤周囲に知られずに、プライバシーが保護されます

競売の場合、裁判所のホームページや専門誌などに物件情報や外観写真などがが掲載され、裁判所の執行権による現地調査なども行われます。

一方、任意売却の場合は、通常の売却物件として掲載されるので、ご近所の人などに、売却理由が知られることなくプライバシーを守ることができます。

 

⑥残った住宅ローンは、分割返済が可能

債権者との交渉により、残った住宅ローンの支払いについて協議することができます。

債権者は、収入状況や生活状況を調査の上、現実的な返済額や返済方法を選択することができます。

 

⑦滞納している税金の支払いも可能

任意売却では、売却代金の中から滞納している固定資産税や住民税などの税金の一部又は全額を支払うことができます。

また、その際、自治体と減額交渉することで大幅な債務免除を受けられることもあります。

 

⑧そのまま居住を続けられる可能性がある(リースバック)

投資家・親兄弟・親戚などに購入してもらい、賃貸住宅として家賃を支払うことで、居住を続ける(リースバック)事が可能です。

競売の場合は、間違いなく強制退去となります。

 

「住宅ローン滞納・任意売却・競売」に特化したハウスパートナー株式会社

当社は、首都圏でも数少ない「住宅ローン滞納・任意売却・競売」に特化した不動産仲介会社です。

任意売却を成功へ導く為の、債権債務の知識・債権者との交渉力・解決ノウハウ・実績と経験があり、任意売却専門コンサルタントが、最初~アフターフォロー(ご相談~解決方法のご提案~債権者交渉~販売~契約~転居先探~引渡~残ったローン支払い交渉まで、すべて対応します。

また、ご相談内容(自己破産や債務整理など)によっては、弁護士・司法書士などの各専門家と連携して解決します。

 

202131165216.jpg

 

「埼玉県限定」の対応エリア

当社の対応エリアは、埼玉県内限定です。

埼玉県

迅速な対応が要求される任意売却では、時間との勝負でもあります。販売活動において、条件の良い買主を探さなければなりません。

さらに、依頼者様との信頼関係がなければ、解決できない内容も多くあります。

ご依頼頂いた任意売却を確実に成功させる為にも、「販売活動に注力できるエリア」「迅速対応できるエリア」考え、埼玉県内を対応エリアとしています。

 

一人で悩まず、今すぐにご相談下さい!

新型コロナの影響で、住宅ローン返済にお悩みの方は、あなただけではありません。任意売却専門コンサルタントが、 専門的な知識と解決ノウハウで住宅ローン滞納問題について、 最適な解決方法をご提案します。

フリーダイヤル(0120-720-535)又は、メールフォームにて お気軽にお悩みをご相談下さい。
ご相談内容は秘密厳守致します。

 
 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 

*詳細は、クリックでご参照下さい


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

「蓮田市・久喜市・白岡市・羽生市」にお住まいで、コロナの影響で住宅ローン返済でお困りの方へ。

「蓮田市・久喜市・白岡市・羽生市」にお住まいの方、ご相談を受付中です。

埼玉県で住宅ローン滞納問題、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

新型コロナウイルスの影響で収入が減り、住宅ローンの返済にお困りの方が全体の20%程度になるとのデータがあります。

住宅金融支援機構や各金融機関では、新型コロナの影響で収入減の方に対して、返済条件の見直しや返済金額を軽減したりする対応をしていましたが、長引くコロナの長期化で、「住宅ローン返済ができない」「ご自宅の売却するしかない」など、「蓮田市・久喜市・白岡市・羽生市」にお住まいの方からのご相談が急増してる状況です。

 

住宅ローンを滞納すると、どうなるのか?

202131164113.jpg

滞納から、3ヶ月

金融機関から、催促の電話督促状・催告書などの通知書が届きます。
*滞納金額に対して、遅延損害金が発生します。

 

滞納から、4~5ヶ月後

金融機関から「期限の利益の喪失」通知書が届きます

期限の利益の喪失(銀行との住宅ローン契約が破棄される)となり、住宅ローンの分割での返済ができなくなり、住宅ローン全額+遅延損金の合計を一括返済請求されます。
*住宅ローン残額に対して、遅延損害金が発生します。
*金融機関の信用情報に掲載(ブラックリスト)されます

 

滞納から、5~6ヶ月後

保証会社から、「代位弁済」通知書が届きます。
代位弁済(保証会社が債務者に代わって、住宅ローンの残額を金融機関に支払った)という内容です。
保証会社から、住宅ローンの残額+滞納時の遅延損害金を一括返済請求されます。
そのまま放置すると、保証会社が「競売」の申立を申請します。

 

住宅ローン返済できない場合の対処方法

住宅ローンの支払いが約6ヶ月以上の期間、滞納してしまうと、100%の確率で競売にかけられ、法的手続きにおいて、強制的にご自宅から立ち退かなければならなくなります。

この競売を回避する手段が「任意売却」という方法です。

 

任意売却とは

不動産競売にかけられ、強制的に処分されてしまう前に、住宅ローンなどの融資を受けている各金融機関との合意に基づいて、融資の返済が困難になった不動産を売却する手続きです。通常の売却不動産物件として、一般の市場価格で売却することになります。

 

任意売却 8つのメリット

任意売却を検討されている方は、事前にメリットを正しく理解しておくことが大切です。

202131164531.jpg

①任意売却の費用負担は0円・現金を用意する必要なし

不動産会社へ支払う仲介手数料や抵当権抹消費用・管理費・修繕積立金(マンションの場合)・固定資産税住民税の滞納分などの費用が売却代金より配分され、債権者より支払われるため、経済的負担が軽減されます。

 

②市場価格に近い価格で売却ができる

通常の売却物件として販売されるので、市場価格に近い価格で売却ができます。

 

③自分の意思で売却ができる

任意売却は、所有者の意思によって売却手続きを行う為に、納得したうえでの売却となります。

 

④引越費用や生活資金などが配分される

競売の場合では、これらの費用は一切認められないのに対し、任意売却では、債権者と交渉することによって、売却代金の中から、引越費用や生活資金などが配分されます。

 

⑤周囲に知られずに、プライバシーが保護されます

競売の場合、裁判所のホームページや専門誌などに物件情報や外観写真などがが掲載され、裁判所の執行権による現地調査なども行われます。

一方、任意売却の場合は、通常の売却物件として掲載されるので、ご近所の人などに、売却理由が知られることなくプライバシーを守ることができます。

 

⑥残った住宅ローンは、分割返済が可能

債権者との交渉により、残った住宅ローンの支払いについて協議することができます。

債権者は、収入状況や生活状況を調査の上、現実的な返済額や返済方法を選択することができます。

 

⑦滞納している税金の支払いも可能

任意売却では、売却代金の中から滞納している固定資産税や住民税などの税金の一部又は全額を支払うことができます。

また、その際、自治体と減額交渉することで大幅な債務免除を受けられることもあります。

 

⑧そのまま居住を続けられる可能性がある(リースバック)

投資家・親兄弟・親戚などに購入してもらい、賃貸住宅として家賃を支払うことで、居住を続ける(リースバック)事が可能です。

競売の場合は、間違いなく強制退去となります。

 

「住宅ローン滞納・任意売却・競売」に特化したハウスパートナー株式会社

当社は、首都圏でも数少ない「住宅ローン滞納・任意売却・競売」に特化した不動産仲介会社です。

任意売却を成功へ導く為の、債権債務の知識・債権者との交渉力・解決ノウハウ・実績と経験があり、任意売却専門コンサルタントが、最初~アフターフォロー(ご相談~解決方法のご提案~債権者交渉~販売~契約~転居先探~引渡~残ったローン支払い交渉まで、すべて対応します。

また、ご相談内容(自己破産や債務整理など)によっては、弁護士・司法書士などの各専門家と連携して解決します。

 

202131165216.jpg

 

「埼玉県限定」の対応エリア

当社の対応エリアは、埼玉県内限定です。

埼玉県

迅速な対応が要求される任意売却では、時間との勝負でもあります。販売活動において、条件の良い買主を探さなければなりません。

さらに、依頼者様との信頼関係がなければ、解決できない内容も多くあります。

ご依頼頂いた任意売却を確実に成功させる為にも、「販売活動に注力できるエリア」「迅速対応できるエリア」考え、埼玉県内を対応エリアとしています。

 

一人で悩まず、今すぐにご相談下さい!

新型コロナの影響で、住宅ローン返済にお悩みの方は、あなただけではありません。任意売却専門コンサルタントが、 専門的な知識と解決ノウハウで住宅ローン滞納問題について、 最適な解決方法をご提案します。

フリーダイヤル(0120-720-535)又は、メールフォームにて お気軽にお悩みをご相談下さい。
ご相談内容は秘密厳守致します。

 
 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 

*詳細は、クリックでご参照下さい


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

「東松山市・熊谷市・深谷市」にお住まいで、コロナの影響で住宅ローン返済でお困りの方へ。

「東松山市・熊谷市・深谷市」にお住まいの方、ご相談を受付中です。

埼玉県で住宅ローン滞納問題、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

新型コロナウイルスの影響で収入が減り、住宅ローンの返済にお困りの方が全体の20%程度になるとのデータがあります。

住宅金融支援機構や各金融機関では、新型コロナの影響で収入減の方に対して、返済条件の見直しや返済金額を軽減したりする対応をしていましたが、長引くコロナの長期化で、「住宅ローン返済ができない」「ご自宅の売却するしかない」など、「東松山市・熊谷市・深谷市」にお住まいの方からのご相談が急増してる状況です。

 

住宅ローンを滞納すると、どうなるのか?

202131164113.jpg

滞納から、3ヶ月

金融機関から、催促の電話督促状・催告書などの通知書が届きます。
*滞納金額に対して、遅延損害金が発生します。

 

滞納から、4~5ヶ月後

金融機関から「期限の利益の喪失」通知書が届きます

期限の利益の喪失(銀行との住宅ローン契約が破棄される)となり、住宅ローンの分割での返済ができなくなり、住宅ローン全額+遅延損金の合計を一括返済請求されます。
*住宅ローン残額に対して、遅延損害金が発生します。
*金融機関の信用情報に掲載(ブラックリスト)されます

 

滞納から、5~6ヶ月後

保証会社から、「代位弁済」通知書が届きます。
代位弁済(保証会社が債務者に代わって、住宅ローンの残額を金融機関に支払った)という内容です。
保証会社から、住宅ローンの残額+滞納時の遅延損害金を一括返済請求されます。
そのまま放置すると、保証会社が「競売」の申立を申請します。

 

住宅ローン返済できない場合の対処方法

住宅ローンの支払いが約6ヶ月以上の期間、滞納してしまうと、100%の確率で競売にかけられ、法的手続きにおいて、強制的にご自宅から立ち退かなければならなくなります。

この競売を回避する手段が「任意売却」という方法です。

 

任意売却とは

不動産競売にかけられ、強制的に処分されてしまう前に、住宅ローンなどの融資を受けている各金融機関との合意に基づいて、融資の返済が困難になった不動産を売却する手続きです。通常の売却不動産物件として、一般の市場価格で売却することになります。

 

任意売却 8つのメリット

任意売却を検討されている方は、事前にメリットを正しく理解しておくことが大切です。

202131164531.jpg

①任意売却の費用負担は0円・現金を用意する必要なし

不動産会社へ支払う仲介手数料や抵当権抹消費用・管理費・修繕積立金(マンションの場合)・固定資産税住民税の滞納分などの費用が売却代金より配分され、債権者より支払われるため、経済的負担が軽減されます。

 

②市場価格に近い価格で売却ができる

通常の売却物件として販売されるので、市場価格に近い価格で売却ができます。

 

③自分の意思で売却ができる

任意売却は、所有者の意思によって売却手続きを行う為に、納得したうえでの売却となります。

 

④引越費用や生活資金などが配分される

競売の場合では、これらの費用は一切認められないのに対し、任意売却では、債権者と交渉することによって、売却代金の中から、引越費用や生活資金などが配分されます。

 

⑤周囲に知られずに、プライバシーが保護されます

競売の場合、裁判所のホームページや専門誌などに物件情報や外観写真などがが掲載され、裁判所の執行権による現地調査なども行われます。

一方、任意売却の場合は、通常の売却物件として掲載されるので、ご近所の人などに、売却理由が知られることなくプライバシーを守ることができます。

 

⑥残った住宅ローンは、分割返済が可能

債権者との交渉により、残った住宅ローンの支払いについて協議することができます。

債権者は、収入状況や生活状況を調査の上、現実的な返済額や返済方法を選択することができます。

 

⑦滞納している税金の支払いも可能

任意売却では、売却代金の中から滞納している固定資産税や住民税などの税金の一部又は全額を支払うことができます。

また、その際、自治体と減額交渉することで大幅な債務免除を受けられることもあります。

 

⑧そのまま居住を続けられる可能性がある(リースバック)

投資家・親兄弟・親戚などに購入してもらい、賃貸住宅として家賃を支払うことで、居住を続ける(リースバック)事が可能です。

競売の場合は、間違いなく強制退去となります。

 

「住宅ローン滞納・任意売却・競売」に特化したハウスパートナー株式会社

当社は、首都圏でも数少ない「住宅ローン滞納・任意売却・競売」に特化した不動産仲介会社です。

任意売却を成功へ導く為の、債権債務の知識・債権者との交渉力・解決ノウハウ・実績と経験があり、任意売却専門コンサルタントが、最初~アフターフォロー(ご相談~解決方法のご提案~債権者交渉~販売~契約~転居先探~引渡~残ったローン支払い交渉まで、すべて対応します。

また、ご相談内容(自己破産や債務整理など)によっては、弁護士・司法書士などの各専門家と連携して解決します。

 

202131165216.jpg

 

埼玉県に密着した対応エリア

当社の対応エリアは、埼玉県内限定です。

埼玉県

迅速な対応が要求される任意売却では、時間との勝負でもあります。販売活動において、条件の良い買主を探さなければなりません。

さらに、依頼者様との信頼関係がなければ、解決できない内容も多くあります。

ご依頼頂いた任意売却を確実に成功させる為にも、「販売活動に注力できるエリア」「迅速対応できるエリア」考え、埼玉県内を対応エリアとしています。

 

一人で悩まず、今すぐにご相談下さい!

新型コロナの影響で、住宅ローン返済にお悩みの方は、あなただけではありません。任意売却専門コンサルタントが、 専門的な知識と解決ノウハウで住宅ローン滞納問題について、 最適な解決方法をご提案します。

フリーダイヤル(0120-720-535)又は、メールフォームにて お気軽にお悩みをご相談下さい。
ご相談内容は秘密厳守致します。

 
 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 

*詳細は、クリックでご参照下さい


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

新型コロナの影響|住宅ローン返済を滞納した場合のデメリット

住宅ローン返済を滞納した場合のデメリット

埼玉県で住宅ローン滞納問題、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

新型コロナの影響によって、勤務先が社員を解雇したり、勤務時間を減らす動きが広がり、住宅ローンの見直しや各金融機関で対応している支払い猶予措置について、ご相談する人が増えているようです。

「住宅ローン返済が厳しい、滞納してしまうかもしれない」という方は、、住宅ローンを組んでいる金融機関などに、できるだけ早期にご相談して下さい。

 

約6ヶ月の滞納で、不動産競売申請手続きへ

初期の滞納時は、ご自宅に郵便での督促通知が届く程度ですが、滞納期間が約6ヶ月を超えると、債権者(金融機関など)は、不動産競売申請手続きへと移行してしまいます。

競売申請が裁判所で受理されると、「不動産競売開始決定」通知が届きます。この通知から、約6ヶ後には、競売が実施され強制退去しなければなりません。

 

ブラックリストに滞納記録が残る

住宅ローン返済を滞納(約61日を超える滞納期間)してしまうと、信用情報機関のブラックリスト(事故情報リスト)に記録が残ります。

この信用情報機関のブラックリストに記録が残ると、クレジットカードの利用停止・新規ローンの利用や新規にクレジットカードの作成ができなることがあります。

 

優遇金利の対象から除外される

住宅ローンの「優遇金利」が適用されている方はご注意下さい。
住宅ローンの滞納が続くと、ローン契約違反となり、返済金利が優遇金利→店頭金利(基準金利)に戻り、返済金額が増額してしまう可能性があります。

 

団体生命保険が履行されない可能性がある

住宅ローンを利用する際には、団体生命保険への加入が条件付けされてます。ローン返済期間中に、債務者(住宅ローン利用者)が死亡した場合は、保険金(ローン残額分)が支払われる仕組みとなっている。

しかし、住宅ローンの滞納が続くと、銀行から保証会社に債権(住宅ローン)が移行する「代位弁済移」となると、団体生命保は強制的に解除となり、保険金が支払われることはありません。
 

 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 

*詳細はクリックでご参照下さい


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

コロナ禍で、住宅ローン滞納者を狙った悪質業者が急増中!

任意売却専門業者を装った不動産業者や悪質業者にはご注意下さい

埼玉県で住宅ローン滞納問題、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

2020年から感染拡大した新型コロナウイルスの影響により、住宅ローン返済の滞納者が増加しています。金融機関では、住宅ローン返済の猶予策を打ち出していましたが、長引くコロナ不況で、あまり機能していないようです。

 

悪徳業者の目的は、顧客情報の転売

TV番組で紹介された業者が、無免許(宅地建物取引業免許がない)・悪質業者だった!

最近のテレビ番組の特集で多い内容が「新型コロナの影響で住宅ローンが支払えない…。」というものです。NHKや民間放送でも、その様な番組特集の中で、業界では有名な悪質業者が紹介されていたのです。宅地建物取引業の免許がなければ、任意売却は勿論、不動産売買に関する一切の営業行為は禁止されています。

 

悪質業者・団体の特徴

インターネット広告業者の悪質業者90%は、実際には任意売却の実務をしない悪質業者と言われています。悪徳業者には、次のような特徴がありますので、ご注意下さい。

①一般社団法人・NPO法人には依頼してはいけない!

任意売却を取り扱う公的機関は存在しない

依頼者情報の転売が目的である

宅地建物取引業の免許がない

不動産会社のダミー団体である可能性が高い

一般社団法人・NPO法人の名称が、公的機関と誤認してしまうことが特徴の一つです。

・全日本〇〇 ・日本〇〇 ・〇〇協会 ・〇〇支援 ・全国〇〇 ・〇〇機構

一般社団法人・NPO法人は、「宅地建物取引業免許」の取得要件を満たしていないことから、「宅地建物取引業免許」がありません。宅地建物取引業免許がなければ、任意売却に関する営業行為は一切禁止されています。

しかし、一般社団法人・NPO法人のホームページには、必ず「解決事例」や「お客様からの感謝の手紙」などが、任意売却にて問題解決した内容が掲載されています。

宅地建物取引業免許がない団体がどのようにして解決したのでしょうか?これは、虚偽内容と断言していいでしょう!

また、一般社団法人・NPO法人が不動産会社のダミー団体となっているケースもあります。

ご相談者には、公的機関任意売却の業務は提携先業者と称する不動産会社が紹介される仕組みとなっています。

不動産業者には、国土交通省又は、都道府県知事から「宅地建物取引業者免許証」が交付されています

202061161237.jpg

 

②全国対応の業者には依頼してはいけない!

依頼者情報の転売が目的である

インターネット会社が運営している可能性がある

債権者が同意しない

地域密着した販売活動に対応できない

インターネットで、「任意売却」と検索すると、任意売却を取り扱う業者が多数表示されます。その中でも、特に「全国対応」と表示されている業者には、特にご注意ください。

任意売却だから「全国対応」? そもそも、通常の不動産売買でも全国対応としている大手不動産会社は1社もありません。地域ごとに支店を置き対応しているのです。

任意売却だから、「全国対応」明らかに矛盾しています。

「全国対応」の業者の目的は、全区各地から収集したご相談者情報を提携先と称する地元不動産会社へ転売して利益を得ているのです。任意売却の業務に関する業務は一切行われることはありません。

 

③NG営業トーク 仲介手数料から「現金キャッシュバック…」 に騙されるな!

おとり広告

ご相談者の弱みに付込む、最も悪質なおとり広告です。

仲介手数料は債権者が受領する売却代金から配分されるシステムの為に、債権者は、仲介会社に支払われる仲介手数料をキャッシュバックとして支払うことを絶対に認めません。支払うなら、「ローン返済」して下さい。となります。

よって、仲介手数料の中から、キャッシュバックとして、依頼者の方に現金が支払われることはありません。

 

④NG営業トーク 引越費用 ○○万円 保証 に騙されるな!

おとり広告  

依頼時に約束した「引越費用が支払わない…」、というクレームが多く報告されています。

引越費用は、債権者との交渉によって、引越費用が必要と認められた場合に支払われるものです。初めから保証されているわけではありません。
 

⑤突然、ご自宅に訪問する不動産会社には依頼してはいけない!

不動産会社の社員でないブローカーが多い  

任意売却のノウハウや実績が不明

裁判所から「不動産競売開始決定通知」が届いた約2週間後には、「配当要求終期の公告」が裁判所内に公告されます。

この配当要求を見た不動産会社が、不動産所有者の住所を調べ、突然訪問する事例が増えています。

他に不動産会社を探すのは面倒だから… 自宅まで来たくれたから… など安易な理由で依頼してしまう方も少なくないようです。

しかし、1番重要なことは、任意売却の知識や解決のノウハスがあり、的確な対応してくれるかどうかです。

悪質な訪問業者の特徴
  • その場で、委任状・媒介契約契約書に署名捺印を迫る
  • 誇大な実績をアピール
  • 引越費用を口約束
  • 良いことしか説明しない
  • 会社のホームページがない
訪問会社の実態
  1. 顧客情報の転売を目的としている
  2. 金融業者で、個別融資の斡旋する
  3. コンサルタント費用を請求する

いずれにしろ、住宅ローンを滞納しているという弱みに付け込み、任意売却の解決とは程遠い状況となります。

 

 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 

クリックでサイトをご参照ください


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

「住宅ローンが返済できない...」ご相談は早ければ早いほど、有利に解決できます!

ご相談先は、任意売却専門の不動産会社です!

埼玉県で住宅ローン滞納問題、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、社会情勢の変化により、「住宅ローン返済が厳しい…」とい方も多いのでないでしょうか。

「住宅ローン返済が厳しい…」感じている方の最善策は、ご自宅(所有不動産)を売却して、住宅ローン完済することです。

しかし、売却できなければ、「競売にて強制的に処分されてしまうか」、もしくは「任意売却で売却するか」の二択になるのが一般的です。

 

競売を回避するには「任意売却」しかない!

「任意売却」は、競売を回避する唯一の方法です。
競売を待つのではなく、競売が完結する前に、自分の意思にて、ご自宅を売却することで競売が回避できます。
任意売却は、通常の売却不動産と同じ市場価格で売却できるので、、競売よりも高く売ることができ、残債を大幅に減額減することができます。

 

ご相談は、任意売却専門の不動産会社へ

任意売却をしたいとき、どこに相談すればよいか、不動産会社? 銀行? 弁護士? と迷われる方も多いと思います。

正解は、任意売却を専門に取り扱いをしている任意売却専門の不動産会社です。

任意売却専門の不動産会社は、一般の不動産会社の大きな違いは、

  1. 債権債務の法的な知識がある
  2. 債務者(金融機関等)との交渉能力がある
  3. 解決のノウハウがある
  4. 弁護士や破産管財人と連携ができる
  5. 実績と経験がある
  6. 迅速な対応が可能である

であり、一般的な不動産会社に相談しても、解決できる可能性はとても低くなります。

 

悪質業者が急増中です!

新型コロナの影響で、住宅ローンの支払いに苦慮して方が急増していることから、売却情報を収集しようとする不動産会社も急増しています。

相談する不動産会社は、ホームページなどで、任意売却に精通しているかどうか、信頼できるかどうか、確認して下さい。

*悪質業者の見分け方をご参照下さい

 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 

*詳細はクリックでご参照下さい


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

埼玉県内の住宅ローン滞納問題なら「ハウスパートナー株式会社」

住宅ローン滞納問題に特化したハウスパートナー株式会社

埼玉県で住宅ローン滞納問題、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

住宅ローンの滞納問題を解決する方法として任意売却(にんいばいきゃく)があります。任意売却は、債権者の同意を得て、通常の不動産市場で売却できるのが特徴です。

ご自身やご家族の、今後の人生を左右する大きな決断と取引ですので、少しでも良い結果となるよう、慎重に業者選びをなさることは非常に大事なことです。

任意売却という不動産売買は、一般に取引されている不動産売買とは異なり、専門知識と経験の差が、債権者との交渉住宅ローン以外の債務をどうするか売却後の支払いはどうなるのか引越費用は確保できるのかなど、様々な場面で結果が異なるのです。

 

 ハウスパートナー株式会社は、次の特徴があります 

①「埼玉県限定」 の対応エリア

埼玉県

地域市場や物件特性を把握できるので地域密着した販売活動に注力できます。また、いつでも、迅速な対応ができる距離なので全力サポートが可能になります。

 

②住宅ローン滞納問題・任意売却を専門に取り扱う不動産会社

ハウスパートナー株式会社は、「住宅ローン滞納問題・任意売却」のみを取り扱う任意売却の専門の不動産会社で、令和3年2月で7年目を迎えました。

任意売却に関する豊富な知識や経験を提供することはもちろん、任意売却専門の不動産会社だからこそ、任意売却後の残った住宅ローン支払いや転居先の紹介など、具体的なアドバイスが可能です。
そして、今までの多くの実績により、金融機関からの信頼があります。

 

③任意売却専門コンサルタントが、「最初~最後まで」対応します

ネット(Web)広告業者の95%以上が、顧客情報の転売目的業者と言われている中、ハウスパートナー株式会社では、代表の中島(任意売却専門コンサルタント)が最初~最後(相談・債権者交渉・販売活動・契約・引渡・アフターフォロー)まですべて対応します。代表の中島が、お客様のすべての内容を把握できるので、ベストな対応が可能となるのです。

 

④万一、任意売却が失敗しても、費用請求しません

ハウスパートナー株式会社では、万一、任意売却に失敗したとしても、物件調査や売却活動の経費は一切、請求しません。どうぞ、安心して任意売却を活用して下さい。

 

⑤弁護士と連携します。

債務整理や自己破産についても、当社の顧問弁護士に相談ができます。

さらに、任意売却と同時に解決する事も可能で、債務整理・自己破産に強くて、費用が安い弁護士事務所をご紹介します

顧問弁護士事務所
グリーンリーフ法律事務所 (アネックスクラブ会員)
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-38-1 KDX大宮ビル6階 

 

⑥任意売却の成功率が高い

任意売却の成功率84.5%(競売前なら98.5%)

任意売却は、時間との勝負であり小さなミスも許されません。その為に、ハウスパートナー株式会社は、埼玉県内を対応エリアとしています。

対応エリアを埼玉県限定とした任意売却を専門に取り扱う不動産会社だから、他社と比べても、高い成約率を達成することが可能になるのです。

 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 

*詳細は、クリックでご参照下さい


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

ページ上部へ