ホーム>スタッフブログ>任意売却>任意売却の注意点 任意売却を取り扱う公的機関は存在しません
任意売却

任意売却の注意点 任意売却を取り扱う公的機関は存在しません

悪質、騙されてはいけない。一般社団法人・NPO法人の実態!

埼玉県で住宅ローン滞納問題、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

任意売却を取り扱う「一般社団法人・NPO法人」と聞いて、公の利益のために活動しているというイメージが強い為に、社会貢献を目的とする公的機関と勘違いされる方が多いようです。

それは大きな間違いです。

任意売却を取り扱う公的機関はありません。

その実態は、一般社団法人・NPO法人を隠れ蓑にしている不動産会社が存在しています。

 

一般社団法人・NPO法人は、登録するだけで審査もなく、1、2週間で簡単に設立が可能です。設立費用も株式会社より安いことから、不正の温床になってもいるようです。

 

一般社団法人・NPO法人の目的は、「顧客情報の収集」と「顧客情報の転売」

一般社団法人・NPO法人の目的は顧客情報の収集です。

なぜなら、一般社団法人・NPO法人には、宅地建物取引業の免許がありません。宅地建物取引業の免許がなければ、任意売却において最も重要な「債権者交渉」と「不動産売買」ができないのです。

 

 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 

*詳細は、クリックでご参照下さい


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.house-partner.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/746

ページ上部へ