ホーム>スタッフブログ>任意売却>任意売却の業務内容は、通常の不動産売買とは異なります
任意売却

任意売却の業務内容は、通常の不動産売買とは異なります

任意売却の業務内容は、通常の不動産売買とは異なります

埼玉県で住宅ローン滞納問題、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

いざ、「任意売却をする」決断をしても、信頼できる不動産会社の探し方がわからず、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

任意売却の成立までスムーズに進めるためには、任意売却専門の不動産会社に依頼することが重要なポンとになります。

 

任意売却の業務内容

任意売却は通常の不動産売買とは違い、専門的な法律や債権債務の知識、解決のノウハウが必要となります。

不動産会社の良し悪しを判断するには、物件が売却成立に至るまでどのようなステップを踏み、どういった営業活動や仕事内容がなされているかを把握しておく必要があります。

従って、信頼できる不動産会社を探す前に、まずは任意売却専門の不動産の業務内容や役割について理解して下さい。

任意売却における不動産会社の業務内容は、以下ような流れになります。
  • 現在の状況と今後の推移を確認する
  • 売主の要望を確認する
  • 債権者と交渉する
  • 債権者が指定する手続きをする
  • 物件の査定をする
  • 物件の相場や市場動向の調査
  • 物件の特徴にあった販売戦略の立案
  • 物件の広告資料となる販売図面(マイソク)の作成
  • チラシやインターネットなどを通じて物件の宣伝活動
  • 購入希望者の物件内覧の日程調整、現地案内
  • 売却代金の配分案を作成する
  • 債権者から売却許可を得る
  • 売買契約書の作成
  • 決済などの対応
  • 転居先を探す
  • 残った債務の支払い交渉をする

赤字部分の業務内容が追加されます。

 

任意売却の解決のノウハウがない不動産会社に依頼してしまうと…

任意売却の業界には、任意売却専門会社と偽ったり、ご相談者からコンサルタント費用や調査費用として、現金を騙し取ったり、本当は任意売却の知識やノウハウが全くない、悪徳業者のような会社が多く存在しています。

任意売却の専門知識が無い不動産会社は、通常の不動産売買と同じ販売活動を行います。よくある失敗例として、債権者に任意売却の了承を得ずに、勝手に販売活動をしている、残債の金額で販売価格を設定しているので売却できない、放置されてた、など、任意売却が成功することは絶対にありません。

 

任意売却を依頼する基準

任意売却を依頼する際には、その不動産会社の知名度ではなく、不動産会社の業務内容、任意売却の実績、弁護士との連携などをホームページ等で確認し、担当者が信頼できるのか、を基準に慎重に依頼先を選ぶ必要があります。

 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 

クリックでサイトをご参照ください


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.house-partner.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/755

ページ上部へ