ホーム>スタッフブログ>ハウスパートナー株式会社の特徴>埼玉県内の任意売却のご相談は、即日対応します
ハウスパートナー株式会社の特徴

埼玉県内の任意売却のご相談は、即日対応します

埼玉県限定の対応エリアだから、即日~2日以内での面談が可能です

埼玉県で住宅ローン滞納問題、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

ハウスパートナー株式会社では、「任意売却・住宅ローン滞納問題」のご相談に、迅速対応する為に、埼玉県内を限定とした対応エリアとしています。

埼玉県内限定の対応エリアだから、お問合せから当日~2日以内での面談が可能です。

新型コロナの影響で、住宅ローン返済が困難な方も、お問合せ下さい。

埼玉県

特に、川口市、戸田市、蕨市、さいたま市、上尾市、桶川市、伊奈町、北本市、鴻巣市、行田市、熊谷市、深谷市、蓮田市、白岡市、久喜市、加須市、行田市、羽生市、川越市、ふじみ野市、坂戸市などは任意売却のご相談が多いエリアです。

任意売却や住宅ローン滞納問題のご相談は、早ければ早いほど、有利に解決できる可能性が高まりますので、お気軽にご相談ください。

1つでも該当する項目があれば、小さな悩みからお気軽にご相談ください。
  • 給与・賞与が減額され、住宅ローンの返済が厳しい。
  • 失業・会社が倒産してしまい住宅ローン返済ができない。
  • 勤務先の業績悪化で、給与・賞与が減額され、住宅ローン返済ができない。
  • 病気で入院してしまい、住宅ローンの返済ができない。
  • 既に住宅ローンを滞納している。
  • 時々、住宅ローン返済のが遅れてしまう。
  • 離婚の為、共有名義の自宅を売却したい。
  • 離婚した夫(妻)が、住宅ローンの返済をしない。
  • 自宅を処分して住宅ローン返済に廻したいが、全額完済は難しそうだ。
  • 固定資産税を滞納している。
  • マンション管理費を滞納している。
  • 住宅ローンを滞納していて、金融機関から『催告書・督促状』が届いた。
  • 住宅ローンも滞納し、自己破産するか迷っている。
  • 自己破産したいが、住宅ローンの残債がまだある。
  • 住宅支援機構(フラット35借入)から『催告書・督促状』の通知が届いた。
  • 住宅支援機構(フラット35借入)から『最終督促』の通知が届いた。
  • 住宅支援機構(フラット35借入)から『全額繰り上げ返済請求の予告書』の通知が届いた。
  • 金融機関(銀行)から『催告書・督促状』の通知』が届いた。
  • 金融機関(銀行)から『期限の利益の喪失』通知書が届いた。
  • 金融機関(保証会社)から『代位弁済』の通知書が届いた。
  • 金融機関から『任意売却』『自宅の処分』を勧められた。
  • 裁判所から『不動産競売開始決定通知書』の通知書が届いた。
  • 裁判所から『現地調査の為のご連絡』が届いた。
  • 裁判所から『売却実施の通知』が届いた。
  • 裁判所の執行官が自宅調査に来た。
  • 裁判所から、『期間入札通知書』が届いた。
  • 既に自宅が競売にかけられているが、今後の生活が不安だ。
  • 既に自宅が競売にかけられているが、引越し先、引越費用がない。
  • 他社で売却を依頼しているが、買主が見つからない。

 

 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 

クリックでサイトをご参照ください


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.house-partner.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/725

ページ上部へ