ホーム>スタッフブログ>ハウスパートナー株式会社の特徴>任意売却専門の不動産会社を設立した理由
ハウスパートナー株式会社の特徴

任意売却専門の不動産会社を設立した理由

任意売却という方法で、少しでも有利に解決してほしいから!

埼玉で住宅ローンの滞納、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

マイホームを手にしても、給料・ボーナスカット、勤め先の倒産、リストラ、離婚などで、突然現金収入が目減りして、住宅ローンの返済が滞ってしまう。普段の生活の中でそれほど耳にしないニュースかもしれませんが、実は住宅ローンの返済に困っているケースは思いの外、多くあります。

住宅ローンは、返済の滞納が続くと、不動産競売にてマイホームが強制的に処分されてしまいます。

しかし、競売処分される前であれば、任意売却という売却方法で、有利に解決できる方法があることを知って頂き、是非とも活用してほしいのです。

任意売却にはたくさんのメリットがあります。

競売でご自宅を強制処分してしまうのではなく、任意売却という方法で、少しでも有利に住宅ローン問題を解決して下さい。

相談者の弱みに付込む、悪質な業者が多い現状がある

インターネットにリスティング広告を掲載している会社の多くは、任意売却専門会社として掲載していながら、本当の目的は依頼者情報(顧客情報)の転売です。

また、インターネットで「任意売却」と検索すると、多くの一般社団法人・NPO法人が検索されますが、公的機関ではありません。任意売却において公的機関は存在しません。どこも公的機関と間違えてしまうような社名を名乗っているのも特徴です。さらに、宅地建物取引免許がなく、不動産売買に関する一切の営業行為は禁止されています。

悪質な業者は、依頼者(売主)には、『お客様のために』 『今後の生活を・・・』と言いながら、実際に行われている行為は、「顧客情報の転売」 「引越費用・清算金の着服」 「仲介手数料以外の多額の金銭の受領」 「ノウハウと知識不足の為に任意売却の失敗」など、依頼者の心の弱みに付け込み、やりたい放題です。

そして、悲しいことに、その事実を知らないのは依頼者だけなのです・・・。

 

職務経歴書  (不動産営業経験30年以上)

代表取締役 中島孝    昭和43年9月23日生 (51歳)


平成元年 現、みずほ不動産株式会社(みずほ銀行グループ) 入社

業務内容 不動産仲介営業


平成16年 株式会社東京テアトル(東証一部上場) 入社

業務内容 中古不動産(戸建・マンション)の買取り再販売事業・不動産競売事業


平成23年 株式会社エー・ディ・ワークス入社(東証一部上場) 入社

業務内容 中古不動産(戸建・マンション)の買取り再販売事業・不動産競売事業


平成26年3月  ハウスパートナー株式会社を設立

会社概要  所在地  埼玉県鴻巣市笠原1531番地   代表取締役 中島孝

フリーダイヤ0120-720-535    電話048-577-6235  fax 048-577-6236

宅地建物取引業免許 埼玉県知事(2)22735号  

公益社団法人 全国宅地建物業協会  公益社団法人 埼玉県宅地建物取引業協会

http://www.house-partner.jp  E-mail:nakajima@house-partner.jp

マイベストプロ埼玉 任意売却専門コンサルタントとして登録

 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 

クリックでサイトをご参照ください


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.house-partner.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/693

ページ上部へ