ホーム>スタッフブログ>ご要望を踏まえた解決プラン>リースバック(そのまま賃貸住宅として居住を続ける)の相談が増えています
ご要望を踏まえた解決プラン

リースバック(そのまま賃貸住宅として居住を続ける)の相談が増えています

リースバックによる任意売却の解決実績が多くあります

埼玉で住宅ローンの滞納、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

ハウスパートナー株式会社はリースバックによる任意売却の解決実績が多くあります。

様々の金融機関との交渉経験がございますので、任意売却でリースバックをご検討の方はお気軽にご相談ください。

【過去の販売事例】

2019926181155.jpg

201992618134.jpg

リースバックとは

自宅など所有権のある不動産を第三者(主に不動産会社や投資家)に売却して、売却先と賃貸借契約を締結して、賃料を支払うことで引き続き住み続けることです。

 

リースバックのメリット
  • 引越しが不要になる(引越の費用負担もなし)

  • 固定資産税の負担がなくなる(支払いなし)

  • 周囲に自宅を売却したことがわからない

  • 不動産の管理が不要となる

  • 将来、買戻しも可能

 

リースバックをする際の注意点
  1. リースバックを認めない債権者がいる
  2. 購入する投資家が興味を示す利回り(売買価格と年間収入の割合)となっていること
  3. 毎月の賃料を支払うことが可能となる安定した収入があること

 

マンションはリースバックに不向き

マンションは管理費や修繕積立金の負担が発生する為に、購入を検討する投資家の収入が少なくなることから、リースバックには不向きとなり、投資家は敬遠しがちとなります。

 

リースバックをご検討の方はお気軽にご相談ください

ハウスパートナー株式会社では、任意売却のメリットは当然ながら、デメリットについてもご説明をさせていただいております。

また、ご相談案件の中には、リースバックに向かない場合もあり、その際は、一般市場での売却をお勧めする場合もあります。

いずれにしろ、ご相談者の方が、ご理解と納得いただけるように解りやすくご説明させて頂きます。

 

 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 

*クリックでご参照下さい


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.house-partner.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/692

ページ上部へ