ホーム>スタッフブログ>任意売却>裁判所の「現況調査」は、すぐに受けてはいけない
任意売却

裁判所の「現況調査」は、すぐに受けてはいけない

現況調査を受けると、競売日程が早まります

埼玉で住宅ローンの滞納、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

裁判所から「担保不動産競売開始決定」の通知が届いてから約1ヶ月後に、裁判所の執行官と不動産鑑定士の2名が、何の予告もなくご自宅に来ます。

この訪問の目的は、競売価格を算出する為の「物件調査」です。

執行官と不動産鑑定士は、室内の写真撮影や間取の確認など、約30分程度の調査が実施されます。

不在の場合は、連絡票が投函されます

201962185418.jpg

競売日程を遅らせることで、時間の余裕ができる

この執行官による現況調査は、法律に基づいた強制力がありますが、すぐに調査を受ける必要はありません。

「今日は都合が悪い」「調査は、後日にして下さい」と断ってください。

*断ることで処罰されることはありません。

そして、次の調査日は、執行官と調整の上決定することになりますが、約2~3週間後を目安に設定して下さい。

この調査を遅らせることで、競売日程も約1~2ヶ月程度遅れることになり、任意売却での販売期間も猶予され、強制的な転居も遅らせることができます。

 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社にご相談下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.house-partner.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/677

ページ上部へ