ホーム>スタッフブログ>任意売却>任意売却の成功を優先する為に、囲い込み営業は絶対にしません
任意売却

任意売却の成功を優先する為に、囲い込み営業は絶対にしません

任意売却では「囲い込み営業」を絶対にしてはいけない

ハウスパートナー株式会社

 

囲い込み営業とは

現在、不動産仲介の業界では「囲い込み営業」が非常に問題となっています。

囲い込み問題とは、依頼者から売却依頼を受けた物件を自社で抱え込み他社には紹介しないという問題です。

 

「囲い込み営業」では、早期解決はできない

「囲い込み営業」とは、自社の利益を最優先とする販売方法です。

任意売却を取り扱う不動産会社の多くは、「囲い込み営業」をしていることで、依頼したお客様の利益を損ねる重大な問題が発生しています。

しかも、この実態を依頼者(売主)が知り得ることが難しく、ほとんどの方が失敗の原因を知らずに、任意売却に失敗・競売処分となり不利益を被っている事実があります。

自社の利益を最優先とした売却方法であり、任意売却では絶対にしてはいけない販売行為です

20172619623.png

 

専任(専属)媒介契約を締結すると、不動産流通機構(レインズ)に登録することが法律で義務付け

レインズタワー 国土交通省指定 公益財団法人東日本不動産流通機構

売却依頼を受けた不動産会社は、物件情報を一定期間内に不動産流通機構「レインズ」に登録することが法律で義務付けられ、原則として、すべての不動産会社に公開されることになります。

よって、他の不動産会社がお客様を紹介してくれるので、早期売却のチャンスが広がることになります。

しかし、任意売却を取り扱うほとんどの不動産会社では、物件情報を自社だけで囲い込み、早期売却のチャンスを奪っているという実態があり、任意売却失敗の原因となっています。

 

何故、囲い込み営業をするのか

レインズに物件情報を登録すると、全国の様々な不動産会社が買主を探してくることになります。

そうすると必然的に、売主・買主双方から仲介手数料をもらえる「両手取引・両手契約」のチャンスが少なくなるからです。特に任意売却を取り扱う不動産業界では、依頼者の利益よりも、自社の利益を優先する傾向があるのです。

レインズ登録後は、商談中として物件紹介をしない
レインズに登録されている物件について、他の不動産会社が問い合わせると「商談中・契約予定」と回答し、物件を紹介しなのです。
このように、両手取引を優先した「物件情報の囲い込み」は、依頼者(売主)の早期売却・高値売却の可能性大きく低下させ、任意売却の失敗へとつながります。
 
 
ハウスパートナー株式会社は、早期解決・依頼者の利益を最優先としています

任意売却の成功失敗の可否は、不動産会社選びで決まるといっても過言ではありません。

不動産会社選びにおいて、解決のノウハウ・債権債務の知識・債権者との交渉力・経験や実績は重要な指標であり、迅速な対応や、営業担当者との相性も考慮すべき点でもあります。

ハウスパートナー株式会社では、任意売却において最も重要なことは

「依頼者の利益・ご要望を最優先に考え、行動すること!」

という一点に尽きると考えています。

fmily3

 

 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉

埼玉県で初めて、朝日新聞がススメル『住宅ローン滞納問題・不動産競売・任意売却』の専門家・プロとして登録されました


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.house-partner.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/465

ページ上部へ