ホーム>スタッフブログ>任意売却>任意売却の失敗の原因は、囲い込み営業にあった
任意売却

任意売却の失敗の原因は、囲い込み営業にあった

任意売却が成功しない理由は、「囲い込み営業」にあった

埼玉で住宅ローンの滞納、任意売却なら「ハウスパートナー株式会社」

 

任意売却を不動産会社へ依頼しているにも関わらず、「いつまでも売れない・・・。」とお悩みを持っている方も多いはずです。

もしかしたら、不動産会社が実施している「囲い込み営業」に、理由があるかもしれません。

 

囲い込み営業とは

自社の利益(両手契約)を最優先とする売却方法です。

時間との勝負である任意売却では、絶対に行ってはいけないのです。

2018611165236.jpg

早期の売却を狙うには、不動産の情報を不動産流通機構(レインズ)を活用して、多くの不動産会社へ情報公開します。

しかし、囲い込み営業は、情報公開せずに、情報を隠している状態が続きます。売却情報が、他の不動産会社へ公開されないために不動産の売却が遅れてしまうのです。

 

なぜ不動産会社は、囲い込みを行うのでしょうか?

不動産会社が、「自社の利益を最優先」としているためです。

不動産会社は「両手契約」を行うことで、片手契約の2倍の仲介手数料を受領することができます。

そのため、囲い込みを行い、両手契約をする為に、他社からの購入希望者の紹介を一切受け付けないのです。

このような「囲い込み営業」は違法です。

*週間ダイヤモンドより、囲い込み営業の記事

 

囲い込み営業をこなう不動産会社の特徴

一般社団法人・NPOから紹介された不動産会社

一般社団法人・NPOから紹介を受けた不動産会社は、一般社団法人・NPOから顧客情報を有料で購入しています。

依頼者の情報を得る為に、費用が掛かっている為に、利益を優先とした販売手法(両手契約)を取らざる得ないのです。

 

囲い込み営業を見破る方法

不動産流通機構(レインズ)を確認する

不動産流通機構(レインズ)とは、国土交通省で定めている不動産会社のみが閲覧できる不動産の情報システムのことです。不動産会社は、不動産の売却の依頼を受けたときに、不動産流通機構(レインズ)へ不動産情報を登録し、依頼者へは、登録証明書が発行されます。

2018611174421.jpg

         登録証明書

201861117454.jpg

          販売図面

一度、不動産流通機構(レインズ)に登録してから、すぐに削除していた

白黒で汚い販売図面が登録されていた(興味がわかない)

といった不動産会社もありました。

不動産会社から登録証明書を受け取り、販売図面まで確認して下さい。

 

他の不動産会社への物件紹介を拒否しているケース

不動産流通機構(レインズ)に登録してあったとしても、他の不動産会社から問い合わせがあったときに

「申し込みが入っている」 「契約予定」など嘘をついて他の不動産会社への紹介を拒否しているのです。

その嘘を見破るには任意売却を依頼した不動産会社に対し、他の不動産会社のフリをして問い合わせをするしかありません。

「レインズを見て問い合わせているのですが、〇〇マンション 〇〇万円はまだありますか?」と問い合わせてをします。

【囲い込み営業をして行なっていない不動産会社】

  まだご紹介可能ですので、宜しくお願いします。

 

【囲い込みを行なっている不動産会社の返答】

  申し込みが入っています。  契約予定です。

不動産会社の返答だけで、囲い込み営業が行われているかどうか、判別することができます。

*現在、他社に任意売却中の方は、囲い込み営業がされていないか、当社で調査をしますので、ご相談下さい。

 

ハウスパートナー株式会社はお約束します!

当社は、業者買取(両手契約)にはこだわらず、囲い込営業は絶対にしません。

他の不動産会社に購入希望者が居れば、その不動産業者と共同仲介(片手契約)にて早期成約を目指します。

 

埼玉県内では初めて、朝日新聞がススメル【任意売却専門コンサルタント】として登録されました。

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 *クリックでサイトをご参照ください


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.house-partner.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/580

ページ上部へ