ホーム>スタッフブログ>任意売却>埼玉県内の「競売を回避」・「競売を取下げる」|任意売却専門の不動産会社にお任せ下さい
任意売却

埼玉県内の「競売を回避」・「競売を取下げる」|任意売却専門の不動産会社にお任せ下さい

埼玉県内の競売を回避競売を取り上げる任意売却専門の不動産会社 ハウスパートナー株式会社

ハウスパートナー株式会社

 

裁判所から、競売開始決定の通知が届いたら、すぐに対応して下さい!

裁判所から、「不動産競売開始決定」の通知がご自宅に届いたということは、競売物件として手続きを開始した

ことになります。

2017327172643.jpg
2017327172720.jpg

このまま何も対応せずに放置すると、4~5ヵ月程度で不動産は強制的に処分され、ご自宅から強制退去しなければ

いけません。

 

競売を回避・取り下げる方法

競売開始決定通知が届いても、これから競売手続きを開始する旨の内容であって、競売の申請を取り下げることは

まだまだ可能です。競売入札の開始までは、約4~6ヶ月の時間の猶予があります。

ハウスパートナー株式会社では、この時間の猶予を利用して

競売よりもメリットのある「任意売却」をご提案しています!

 

任意売却のメリット

費用負担(仲介手数料・抵当権抹消)の持出しが0円です

売却に必要な仲介手数料や抵当権抹消は、売却代金の中から配分されるので、依頼者(売主)の費用負担はありません。


引越費用が確保できます

競売と違い、引越代を確保することが可能です。(10万円~30万円)

債権者と交渉することで、売却代金の中から、配分してもらえるケースもが多くあります。


競売よりも高値で売却できる

競売の場合では、市場価格の70~80%程度の金額での落札となります。

しかし、任意売却では通常の売却不動産として販売するので、高値での売却も可能となります。

残ってしまった住宅ローンの支払いは継続しますので、できるだけ多くの金額をローン返済に充当することが重要となります。


ご近所に知られずに売却が可能です。

プライバシーが守られます。

任意売却は、通常の売却不動産として売却活動を行います。

競売になれば、裁判所のホームページや新聞や業界紙などに公表されてしまい、ご近所隣の人に競売になったことが知られてしまいます。


自分の意思で売却することができるため、精神的な不安を回避できます

表面的には通常の不動産売却と変わりません。

強制的に処分されるよりも、任意売却の方が精神的な気持ちのダメージが小さく、その後の生活が送れます。

 

ハウスパートナー株式会社が任意売却に強い理由

任意売却を専門に取り扱う不動産会社だから、解決のノウハウがあります!

ハウスパートナー株式会社は、首都圏でも数少ない任意売却専門の不動産会社です。

『任意売却もやります・新築戸建もやります・中古住宅もやります・賃貸もやります・賃貸管理もやります』

という不動産会社では、営業力・解決のノウハウに当然差があり、結果にも違いがあります。

 

債権者(金融機関)からの信用力があります!

首都圏でも数少ない、任意売却専門の不動産会社であることから、他の不動産会社と比べて信用力があります。

債権者へ提出する書類の内容に関しても、情報の室も量も断然に違います。

今までの実績や業務内容などが評価されているので、債権者との交渉がスムーズにすすむのです。

 

埼玉県内に密着した営業エリアと販売活動を重視!

埼玉県

任意売却の解決において、最も重要なのが買主(購入者)を見つけることです。

販売には、不動産の特性やその地域の市場性を把握していなければ、的確な販売活動を実施することはできません。

 

依頼者との信頼関係を重視しています!

2017328105227.jpg

住宅ローンを滞納していたり、競売開始決定されていると依頼者は、とても不安な日々を過ごしています。

また、任意売却がスタートすると、相談事項や決定の判断を頂く事案がたくさん発生します。

その都度、依頼者の方にわかりやすくご説明し理解して頂き、判断を仰ぐ必要があり、迅速な対応が求められるからです。

 

早期解決を目指し、囲い込み営業をしない営業戦略

201732811311.png

ハウスパートナー株式会社では、早期解決することを一番に考え、他の不動産会社との共同仲介を積極的にすすめています。

任意売却を失敗する多くの原因は、囲い込み営業と言われ、自社の利益を優先とすることで、売却のチャンスを

逃してしまっているのです。

さらに、東日本不動産流通機構(レインズ)に登録することが義務付けられているにも関わらず、「登録をしない」「他の不動産会社に情報を公開しない」な悪質な行為が目立ちます。

東日本不動産流通機構(レインズ)登録証明書

2017328101529.jpg

媒介契約を締結すると、上記の登録証明書が発行されます。

もし、登録がされていなければ、不動産会社は、宅地建物取引業法違反となり処罰の対象となります。

 

 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉

埼玉県で初めて、朝日新聞がススメル『住宅ローン滞納問題・不動産競売・任意売却』の専門家・プロとして登録されました


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、

ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.house-partner.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/485

ページ上部へ