ホーム>スタッフブログ>2016年11月

2016年11月

上尾市瓦葺|任意売却をご依頼いただきました

上尾市瓦葺中古住宅、任意売却をご依頼いただきました

2016112410533.jpg

 

ハウスパートナー株式会社は、成約に向けて販売活動に注力します!

新聞折込・宅配チラシの実施
ご購入を検討いただけそうな方がお住まいのエリアに幅広く新聞折込、宅配チラシなどの広告活動を行います。
 
ポスティング・住宅情報誌への掲載

ご購入を検討いただけそうな方がお住まいのエリアに幅広く新聞折込、宅配チラシなどの広告活動を行います。

近隣エリアへのポスティングも合わせて実施します。
また、認知度の高い地元情報誌などにへ物件を掲載し広く周知いたします。
 
ネットを活用した広域への情報公開
広域にお住まいの方にもご紹介できるように、ネットを活用して販売手法をとります。
大手不動産サイト(アットホーム・SUUMO・不動産ジャパンなど)へ掲載します。
 
 
SUUMO(スーモ)
 
国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構に物件登録
当社以外の不動産会社へお客様からの購入相談があった際には、その不動産会社と共同仲介にて
早期の成約を目指します。

レインズタワー 国土交通省指定 公益財団法人東日本不動産流通機構

 

 

ご相談から~解決までの流れ

お電話・メール

色々と不安や悩み事もあるかと思いますが、現在の状況をお話ください。
お話することが解決に向けての第一歩です。
どうぞ、お気軽にご相談ください。秘密は厳守します。

↓

面談・現状分析

ご自宅、最寄り駅付近や喫茶店など、ご相談者のご指定の場所で、現在の状況、今後のご希望など具体的にお話をお聞き致します。
ご相談者の状況を把握することで適格なアドバイスが可能となります。

↓

ご所有不動産の価格・市場分析

弊社にて、ご自宅の査定(売却想定価格の算出)を致します。
不動産市場価格を算出することで、ローン残債額を把握し、債権者との交渉を優利に、そしてスムーズにすすめるためです。

↓

債権者との交渉(銀行・保証会社・住宅支援機構など)

ご相談者に代わり、ご相談者の意向を前提に、債権者と相談打ち合わせを行います。
債権者の針がわかれば、早期解決に向けて進めることができます。

↓

再生プランのご提示

債権者の意向が把握できましたら、相談者様の意向を踏まえ、再生プランをご提案いたします。
わかりやすくご説明しますので、ご安心ください。

↓

プランの実行(売却活動など)

一般の不動産物件と同じように、販売活動を開始いたします。大手不動産業者、地元業者とも連携し、
1円でも高く、そして有利に売却できるよう最善をつくします。

↓

売買契約の締結

購入希望の買主様が見つかりましたら、売買契約を締結いたします。

↓

債権者への返済及びお引渡し

債権者との最終合意、抵当権の抹消、競売の取り下げなどの処理し、取引完了となります。
新しい生活のスタートです。

 

 

埼玉県で初めて、朝日新聞がススメル【住宅ローン滞納問題・不動産競売・任意売却】の専門家・プロとして登録されました。

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 *クリックでサイトをご参照ください


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

 

 

諦めないで下さい。任意売却は可能です。 (その判断は間違っています!)

諦めないで下さい。任意売却は可能です。(その判断は、間違っています!)

ハウスパートナー株式会社

 

住宅ローンの滞納が続き、裁判所から『競売開始決定通知書』が届くと、精神的な余裕がなくなり

「任意売却ができない。このまま競売処分されるのを待つしかない」

と間違った判断で、任意売却を諦め、競売処分としてしまう方が多いようです。

 

間違った判断で、任意売却を断念していませんか?

自己破産を相談している弁護士・司法書士が勧めなかったから・・・

自己破産の申請中や免責後でも、何の問題もなく任意売却することは可能です

通常は、弁護士は、任意売却を推奨します。もし、弁護士・司法書士が任意売却を勧めなければ依頼者の味方ではありません。

今後の生活の事を考慮すれば、任意売却は、重要な不動産の処分方法なのです。 

《弁護士が任意売却を勧めない本当に理由》

  • 自己破産の申請書類が増え、手続きが面倒になる
  • 不動産の売買は、業務外となる
  • 自己破産せずに債務問題が解決したら、利益にならない
  • 任意売却を理解していない

 

転居済で、空家となっているから・・・

債権者に届出せずに、転居しても任意売却は可能です

債権者との交渉や残置物の処分や面倒な室内の清掃・案内の立ち合いなどは、お任せ下さい。

空室であれば、居住中よりも有利な販売活動ができますの、高値での売却が可能となります。

 

不動産会社に支払う仲介手数料が準備できないから・・・

依頼者が任意売却に必要な費用(現金)を準備する必要はありません。 自己負担0円です。

任意売却では、売却に必要な経費が配分される仕組みとなっています。(仲介手数料・引越費用・抵当権抹消費用など)

例えば、不動産を1000万円で売却しても、債権者は1000万円全額を回収しません。必要な経費を控除した金額を資金回収します。

よって、依頼者は現金を用意する必要がないのです。

 

固定資産税(差押)やマンション管理費の滞納があるから・・・

固定資産税や住民税・マンション管理費などの滞納や差押登記設定がされていても、任意売却は可能です。

固定資産税や住民税・マンション管理費などの滞納金は、売却代金の中から、一部返済金として配分されます。

この一部を返済に充当することで、差押登記を解除することが可能となります。

さらに、自治体や管理会社と交渉することで、延滞金などを大幅にカットすることも可能となります。

 

室内に荷物やゴミが散乱しているから・・・清掃をしていないから・・・

売却しやすいように、片付けや清掃の手配をします。

室内の状況などで売却を諦めないで下さい。売却しやすいように、当社が売却方法を考えます。

もし、室内に残置物などを残して転居し競売戸なった場合、落札者は、処分費用を所有者に対し請求することが可能です。

*債権者との交渉次第では、残置物の撤去費用を任意売却の経費として、売却代金から配分させることも可能です。

 

離婚した妻(夫)・連帯保証人と話ができないから・・・

当社が両者の間に入り、交渉します。

どうしても、話をしたくない。顔を合わせたくない。との理由から、諦めてしまうことは大変にもったいないことです。

第三者を交えることで、話し合いがスムーズに進むこともあります。

競売よりも高く売却することで残債務を軽減し、また、任意売却のメリットの恩恵を受けて引越費用などの現金を確保するべきです。

 

 

埼玉県で初めて、朝日新聞がススメル【住宅ローン滞納問題・不動産競売・任意売却】の専門家・プロとして登録されました。

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 *クリックでサイトをご参照ください


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

任意売却を解決するポイント 【販売力のある任意売却専門の不動産会社に依頼すること】

【販売力のある任意売却専門の不動産会社に依頼すること】

ハウスパートナー株式会社

 

近年は、競売市場価格の上昇に伴い、任意売却において債権者が同意する販売価格が上昇しています。

また、以前の任意売却であれば買取専門の不動産会社へ売却することで簡単に解決することができましたが、

現在は、販売価格が上昇していることから、一般エンドユーザーへの販売活動が債権者から義務付けられており、

販売活動が重要な解決のポイントとなっています。

 

ハウスパートナー株式会社には、販売力があります

地域エリアへの重点告知 【新聞折込・宅配の実施】

購入を検討いただけそうな方がお住まいのエリアに幅広く新聞折込、宅配などの広告活動を行います。

ご依頼の物件の販売用図面を作成し、近隣エリアエのポスティングも合わせて実施します。

2016111135833.jpg
 
201611114216.jpg
オープルーム・現地販売会の実施

空室のお部屋は特に、物件の良さやリアルな情報をより一層知っていただく為に、オープンハウスを実施いたします

 

レインズ(東日本不動産流通機構)への登録

国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているシステムへ登録を行います。

当社以外の不動産会社がお客様からの購入相談があった際には、その不動産会社様より購入希望者をご紹介いただくことが可能です。

レインズタワー 国土交通省指定 公益財団法人東日本不動産流通機構

 

ネットを活用した広範囲への販売活動

当社では、大手不動産サイト(アットホーム・SUUMO・不動産ジャパン)への掲載をしています。

また、リースバックを希望される物件は、投資掲載サイトへの掲載をしています。

アットホーム    SUUMO(スーモ)    不動産ジャパン

 

不動産営業経験・クロージング力があること

不動産の営業には、住宅ローンや税金などの専門知識と営業経験・クロージング力が要求されます。

 

ハウスパートナー株式会社は、任意売却専門の不動産会社です

ハウスパートナー株式会社は、任意売却を専門的に取り扱っている不動産仲介会社(宅地建物取引業の免許がある)です。

大手不動産や加盟店などの不動産会社とは違い、任意売却に関する高度な専門知識とノウハウ、金融機関・債権者との交渉能力を有しています。

ご相談者のご要望を重視した販売活動を実施し、依頼者の代理人として債権者などの利益関係のある人たちと売却した代金の配分法などについて交渉します。

また、物件の査定から販売活動・売買契約・引越・残債務の交渉等に至るまで総合的なノウハウがあります。

 

任意売却について宿していない不慣れな不動産会社に依頼してしまうと、債権者との交渉や任意売却の手続きがうまくいかず、任意売却のメリットを受けることができずに、売却できなくなり競売処分されるケースもありますので、ご注意下さい。

 

 

埼玉県で初めて、朝日新聞がススメル【住宅ローン滞納問題・不動産競売・任意売却】の専門家・プロとして登録されました。

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉 *クリックでサイトをご参照ください


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

ページ上部へ