ホーム>スタッフブログ>任意売却>任意売却でも、ご自宅を高く売却する方法があります!
任意売却

任意売却でも、ご自宅を高く売却する方法があります!

任意売却でも、ご自宅を高く売却する方法があります!

 任意売却専門の不動産会社のノウハウを公開します 

ハウスパートナー株式会社

 

入札形式の販売活動で、高く売却することが可能!

当社が実施する入札方式とは

まずは、債権者との間にて、販売価格を決定します。決定した販売価格を基に、・物件の特性・エリアの市場性、流通性・などを精査し、購入希望者を募集します。内覧希望者には、日時を定めての内覧会を実施します。

購入を希望者から、売主の指定する期日内に、購入の申し込みを受け、その購入申込みの中から、最高額をつけたもの及びその他の条件を精査し、売主自らの判断にて、買主を決定する方法です。

入札のメリット

多数の入札により、「もっと高く売れたのでは?」という疑問や不安がありません。

一般の売主(土地所有者)の方が、自ら購入希望者と交渉したり、また、特定の不動産会社に依頼(売却)しただけでは、提示された価格が本当に、適正で一番高い金額であるのか、不透明です。なぜなら、販売の過程を把握することができず、金額を受けても、一般の方は、適正の金額であるのかどうか、判断する基準が少ないからです。

  1. 数人から同じ条件にて、購入金額の提示が受けられる
  2. 高い金額を選ぶことで、納得感を得られる
  3. 事前に条件提示を行い入札する為、トラブルが減少する
  4. 契約日・決済日を確定できる
  5. 共有者が多数いる場合では、金額についての意思統一がしやすい為に、共有者間でのトラブルが少ない

 

債権者が決定した販売価格よりも、高く売却できる・・・!

入札形式の売却なら、債権者が設定した販売価格よりも、高値で売却できるチャンスがひろがります。高く売価できれば、住宅ローンの残債も大幅に軽減することも可能となります。

 

 当社が実施する入札要綱(例) 

20168239513.jpg
201682395254.jpg

さらに、現金を確保する方法があります!

売買代金以外の名目で、現金を受領する

買主(購入希望者)から、売買代金以外の名目(例:で引越費用・明渡協力金・任意売却協力金)で、協力頂ける買主(購入希望者)であれば、さらに、現金を確保となります。この方法であれば、債権者(金融機関)に、資金回収されません。

 

買取会社への売却は、安くなり、住宅ローンも多く残ります

インターネットでの依頼者の集客をメインとしているような会社は、不動産買取会社への売却を最優先としています。なぜなら、依頼者の集客活動にに重点を置き、売却のノウハウがほとんどないからです。さらに、全国24時間対応などと活動をしていれば、地域に密着した販売活動ができる訳がありません。

 

 

埼玉の専門家Webガイド - マイベストプロ埼玉

埼玉県で初めて、朝日新聞がススメル『住宅ローン滞納問題・不動産競売・任意売却』の専門家・プロとして、登録されました


埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。

お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.house-partner.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/390

ページ上部へ