ホーム>スタッフブログ>任意売却>埼玉県内の任意売却は、どこに依頼すればいいのでしょうか?
任意売却

埼玉県内の任意売却は、どこに依頼すればいいのでしょうか?

埼玉県内の任意売却は、どこに依頼すればいいのでしょう?

いざ、任意売却についてご相談や依頼をしたいと考えたとき、どこに相談すべきかなのか、とても悩むかと思います。任意売却は、通常の不動産売買と違い、金融機関との交渉や債権債務などの専門知識と実務経験が必要とされています。任意売却について熟知していない不動産会社や経験の浅い担当者に依頼をしてしまうと、競売処分や取返しのつかない事態になる可能性もありますので、ご注意ください。

また、依頼者の弱みに付け込み、多額の金銭を請求したり、失敗を繰り返す悪質な不動産会社などトラブルも多く報告されています。しかしながら、一般の方には、任意売却を取り扱う業界の本当の情報が発信されない為に、依頼する不動産会社の良し悪しの判断ができない現状があります。

任意売却は、不動産競売開始までの時間との勝負でもあり、販売の途中で「任意売却を依頼した不動産会社が信頼できないから」といって、依頼する会社を変更し、新たに依頼をする時間の猶予はあまりません。

必ず2社以上の不動産会社に、相談して下さい!

任意売却を依頼する際は、必ず2社以上にご相談下さい。任意売却のメリットだけではなく、デメリットもご確認してください。さらに、担当者の職務経歴(不動産売買・仲介の営業経験)や販売計画なども確認するとよいでしょう。相談の中で、媒介契約に捺印を迫ったり、確定していない引越費用について約束したり、強引な営業をする不動産会社には要注意です。

任意売却のご相談は、任意売却に熟知している任意売却専門の不動産会社にご依頼して下さい!

任意売却は、依頼する不動産会社や団体などにより、業務内容が制限されてしまいます。無駄な時間や作業を省き、どれだけ『販売活動にに注力できるか』『債権者との交渉を有利にすすめられるか』『依頼者と信頼関係を強化できるか』が成約のポイントでもあります。

依頼者のご要望や現状を把握した担当者が、最後の解決まで責任をもって解決することができるのが、任意売却の専門の不動産会社です。

任意売却において、重要な業務の流れ

弁護士・司法書士

ok 任意売却の申出
ng 査定報告書・販売計画書の提出
ng 売却の為の媒介契約の締結・販売活動
ng

債権者との配分交渉(引越費用・抵当権抹消費用・固定資産税の滞納返済分など)

ng マンション管理費の滞納や固定資産税の差押の解除や返済金額の減額交渉
ng

物件の重要事項説明

不動産売買契約の締結

ng 転居(引越先)の手配
ok 残った債務(住宅ローン)の減額・返済交渉

司法書士は、不動産登記のプロであって、不動産売買のプロではありません。弁護士に依頼をする方は、自己破産申請から継続しているようです。しかし、弁護士は法律のプロであった、不動産売買のプロではありません。

弁護士や司法書士に依頼すると、コンサルティング料や不動産会社への紹介料などを請求され(売却代金から配分はされませんので、実費負担となります)、知り合いの不動産業者が任意売却の実務を執り行うことになります。その不動産会社が、任意売却を熟知していれば良いのですが、そうでない場合は、解決が難しくなることが多々あります。

 

NPO法人・一般社団法人

ok 任意売却の申出
ng 査定報告書・販売計画書の提出
ng 売却の為の媒介契約の締結・販売活動
ng 債権者との配分交渉(引越費用・抵当権抹消費用など)
ng マンション管理費の滞納や固定資産税の差押の解除や返済金額の減額交渉
ng

物件の重要事項説明

不動産売買契約の締結

ng 転居(引越先)の手配
ng 残った債務(住宅ローン)の減額・返済交渉

公的機関のような名称の団体が多く見受けられますが、任意売却を取り扱う公的機関は実在しません。NPO法人や一般社団法人は、不動産の免許(宅地建物取引業の免許)がありませんので、不動産売買に関する一行為は一切できません。ほとんど、依頼者の集客を目的としており、悪徳不動産会社の隠れみとなっていますので、注意して下さい。

 

任意売却専門の不動産会社

ok 任意売却の申出
ok 査定報告書・販売計画書の提出
ok 売却の為の媒介契約の締結・販売活動
ok 債権者との配分交渉(引越費用・抵当権抹消費用など)
ok マンション管理費の滞納や固定資産税の差押の解除や返済金額の減額交渉
ok

物件の重要事項説明

不動産売買契約の締結

ok 転居(引越先)の手配
ok 残った債務(住宅ローン)の減額・返済交渉


任意売却について、相談~販売~売却~債権者交渉などのすべての業務を遂行できるのは、不動産免許(宅地建物取引業)を取得し、任意売却に精通している不動産会社のみです。

 

一般・大手不動産会社

ok 任意売却の申出
ok 査定報告書・販売計画書の提出
ok 売却の為の媒介契約の締結・販売活動
ng 債権者との配分交渉(引越費用・抵当権抹消費用など)
ng マンション管理費の滞納や固定資産税の差押の解除や返済金額の減額交渉
ok

物件の重要事項説明

不動産売買契約の締結

ok 転居(引越先)の手配
ng 残った債務(住宅ローン)の減額・返済交渉
 

任意売却を熟知していないと、任意売却のメリットでもある引越費用の配分や残った債務(住宅ローン)の減額交渉を有利にすすめることは難しいことです。

 

埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社にご相談・お問い合わせ下さい。

お客様から信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

ハウスパートナー株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.house-partner.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/166

ページ上部へ