ホーム>スタッフブログ>任意売却>埼玉県で、住宅ローン滞納による不動産売却のご相談(裁判所から『担保不動産開始決定』の通知書が届いた)
任意売却

埼玉県で、住宅ローン滞納による不動産売却のご相談(裁判所から『担保不動産開始決定』の通知書が届いた)

埼玉県で、住宅ローン滞納による不動産売却のご相談 裁判所から『担保不動産開始決定』の通知が届いた・・・。

住宅ローン支払いの滞納(約5ヶ月以上)が続いた為に、債権者(金融機関)が、裁判所に申請した不動産競売の申立申請が受理され、裁判所が

「競売の手続きを開始を知らせるとともに、担保である不動産を差押えた」

という内容です。この裁判所の担保不動産開始決定の事実は、不動産の登記簿にも記載されてしまいます。

 

この通知を受けてから、約1ヶ月ほどで、裁判所の執行官による現況調査(ご自宅に訪問し、聴き取り調査や室内外の写真撮影など)が実施されます。この現況調査は、所有者の不在時や転居済み等の場合でも、鍵は強制的に開錠され、実施されてしまいます。

201512818406.jpg
201512818417.jpg

 

 

今後の対応として3つの選択しかありません。
  • 住宅ローン全額返済
  • 不動産競売処分
  • 任意売却
ハウスパートナー株式会社では、任意売却(にんいばいきゃく)をお勧めしています。

任意売却は、債権者(金融機関)が勧める解決方法です。

なぜなら、不動産競売と比べ、メリットが多くあります。 

任意売却のメリット・不動産競売のデメリット  クリックで詳細参照

  1. 競売より高い価格で売却が可能で、住宅ローンの残債務を大幅に軽減できる
  2. 引越費用・生活資金を確保できる
  3. プライバシーが守られる
  4. そのまま賃貸として住み続けることも可能(リースバックによる解決)
  5. 退去時期などを相談できる  など
任意売却債権者との交渉・販売活動・売却手続きは、すべて代行します。

任意売却で、最も重要なのが、債権者との交渉です。1円でも多く資金回収したい債権者との交渉は、通常の不動産売買経験の他に、債権債務・不動産競売の知識と経験と、さらに実績が必要となります。任意売却ほど、依頼する不動産会社によって、結果が違ってくる不動産取引は、ありません。

埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門会社である「ハウスパートナー株式会社」にご相談・お問い合わせください。

お客様から信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案いたします。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.house-partner.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/110

ページ上部へ