ホーム>スタッフブログ>任意売却>埼玉県で、任意売却をご検討の皆様へ(悪徳業者に注意してください!)
任意売却

埼玉県で、任意売却をご検討の皆様へ(悪徳業者に注意してください!)

埼玉県で、任意売却をご検討の皆様へ(悪徳業者に注意してください!)

任意売却を早期に解決するには、1日も早く相談することが大切ですが、任意売却を成功させるには、不動産会社選びが重要になります。

どの会社に頼んだら良いのか?と悩んでいたところに、「ちょうど訪問があったから」 など、安易に不動産会社を選ぶと、取り返しのつかないことになる可能性もありますので、その場で判断するのではなく、その会社の実態についても、確認しましょう。

2社以上のお話を聞くのも良い方法かもせれません。

 訪問業者によるトラブル

インターフォン

初回の訪問時と、担当者が変更

ご自宅のインターフォンを押し続け何度も訪問したり、ご近所の迷惑を描けたりと、マナー違反の会社が多いようです。

また、特徴として、初めの担当者(若い女性の場合が多い)から、2回目以降は、担当者が変更になることが多くあります。

 

 

2015113165458.jpg

 

初回の訪問で、専任(専属)の媒介契約書を締結させようとします。

任意売却は、債権者の同意が必要になり、販売価格は債権者が決定しますので、初回時に、媒介契約の締結はあり得ません。日付、価格等、すべて空欄での媒介契約書に、署名捺印をさせられているはずです。

内容が白紙の媒介契約に署名捺印することは、大変危険であり、宅地建物取引業法の違反行為となります。

通常、物件の調査、債権者との交渉を踏まえて、現在の動向が把握できて、解決方法、再生プランなどご提案ができるのです。

具体的な説明がないまま、白紙の媒介契約書に記名捺印するようなケースでは、トラブル(任意売却の失敗)に繋がっているようです。

 

 

 

無免許業者に要注意!

20151149279.JPG

不動産免許のない一般社団法人やNPO法人は、不動産売買に関する行為はできません

インターネットで検索すると、任意売却を取り扱う一般社団法人やNPO法人がヒットします。

一見、公的機関かと思われるかもしれませんが、そうではありません。

現在、一般社団法人やNPOは、簡単に開設することができ、悪徳不動産会社の隠れみのになっている場合も多く見受けられます。

また、一般社団法人やNPOは、不動産免許(宅地建物取引業)が取得できない為、不動産の販売、売買契約などの行為は、一切できないのです。

問い合わせると、不動産会社を紹介するとか、アドバイスなどの理由で、コンサルティング料金を請求される被害も報告されています。

  高額な引越費用・クーポン券の提示

  クーポン券

引越費用 100万円

債権者と交渉する前に、引越費用や生活資金などの金額を決定することはできません。もし、提示があったならそれは、嘘の話で、勧誘していると思ってください。

実績があり、信頼できる任意売却を取り扱う不動産会社なら、引越費用などについて、詳細な説明があるはずです。

 

 

埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社である「ハウスパートナー株式会社」にご相談・お問い合わせください。

お客様から信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案いたします。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.house-partner.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/104

ページ上部へ