ホーム>スタッフブログ>任意売却>リースバック(そのまま賃貸として入居)を希望される方へ
任意売却

リースバック(そのまま賃貸として入居)を希望される方へ

リースバック(そのまま賃貸として入居)を希望される方へ

最近では、ご相談者の半数以上の方が、任意売却の要望として、リースバックを希望されます。

賃貸住宅に転居しても、家賃はかかりますので、引越し等の手間を考えれば当たり前の事かもしれません。

リースバックを前提とした販売は、投資家などをターゲットにした販売活動が重要になります。

投資家が物件を検討するうえで、最も重要な事が2つあります。

利回りはどうか

家賃収入に対し、購入金額の割合を重視ます。マンションなどは、管理費を除いた金額が正味の収入となります。家賃は、相場がありますので、収入は決まってしまいます。そうすると、利回りが低い物件は、物件価格を下げるしかありません。下げるには、債権者との交渉が重要となり、どうやって、販売価格を下げるか、テクニックが必要となります。

賃借人の支払い能力はあるのか

売却の経緯から、どうしても家賃を滞納なく支払ってもらえるか、心配になります。そこで、当社では、賃借人の支払いに対し、保証会社を付けます。そうすれば、万一、滞納してもその家賃は全額保証され、投資家の心配はなくなります。

リースバックを成功させるには

債権者との交渉力 

投資家への販売力

を兼ね備えた不動産会社を選定することが大切です。

 

 

埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門会社である「ハウスパートナー株式会社」にご相談・お問い合わせください。

お客様から信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案いたします。

ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.house-partner.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/67

ページ上部へ