ホーム>スタッフブログ>2014年4月

2014年4月

住宅ローン滞納相談について

住宅ローン滞納相談についてのお問い合わせ

(ゴールデン期間中の相談について)

 

埼玉県桶川市在住 K様

この度は、お問い合わせいただきありがとうございました。

ゴールデン期間中もご相談を承っておりますので、ご都合の良い日時をお知らせください。

前日までに、ご連絡を頂けましたら、最優先にて時間調整いたします。

ご相談には、次の書類をご用意下さいますようお願いします。

〇金融機関から届いた通知書(督促状や催促状など)

〇借入金・借入残高がわかる書類(残高証明など)

〇担保不動産の所在や面積や築年がわかるもの(登記簿など)・・・なくてもOKです。

 

 

 

住宅ローン滞納によるお問い合わせ

住宅支援機構(フラット35)住宅ローンの滞納(3ヶ月)についてのお問い合わせ

 

埼玉県熊谷市在住 W様

この度は、お問い合わせいただきありがとうございました。

住宅ローン滞納を2ヶ月~3ヶ月続けてしまうと、住宅支援機構から、

『督促状』➡『代位弁済手続きの開始の予告』➡『代位弁済手続きの開始』という通知が届きます。

住宅支援機構から、ご相談者様に対して、住宅支援機構は、保証会社より一括返済手続きを開始します。

よって、保証会社は、ご相談者にローンの残額+滞納の金利分を一括で返済を請求します”

との内容です。この請求で、一括返済できなければ、不動産競売手続きに移ることになります。この代位弁済手続き

の開始が届く住宅支援機構に対し、毎月の支払い軽減のお願いはできなくなりますので、早めの対応が必要になります。

 

*ご相談者の了承の上、掲載しております。

 

 

 

 

全額繰り上げ返済請求の予告書が届いた

全額繰り上げ返済請求の予告書についてのお問い合わせ

 

A様 埼玉県さいたま市在住

この度は、お問い合わせいただきありがとうございました。また、夜遅くまで、いろいろとお話いただきましてありがとうございました。

 

この通知書は、フラット35(住宅支援機構)から借り入れをされ、住宅ローンの支払いを滞納をされている方に通知されます。

今までに、督促状が数回、ご自宅にご連絡があったのではないでしょうか。この状況が続くと、住宅支援機構は、すぐに不動

産競売の手続に入ります。

 

A様の今後のご要望をお聞きしましたので、債権者と交渉した上で、解決策をご提案させていただきます。

解決に向けて、全力を尽くしますので、今後ともよろしくお願いします。

 

 

ご相談者の了承の上、掲載しております。

 

任意売却の費用負担について

ご相談者の方からのお問い合わせで、一番多い質問が、費用負担についての質問です。

任意売却(金融機関・債権者の承認を得て売却契約をすること)における売主様(所有者の方)の自己負担金額は0円です。負担額0円といわれると何かうらがありそうで、怪しい気がしますが、ご安心ください。

当社が無報酬で売却のお手伝いをするのではなく、売買契約が成立した際には、債権者が受領する住宅ローン返済金の中から、仲介手数料の名目で支払われますので、ご相談者に方の持ち出し金は不要なのです。また、抵当権の抹消費用や印紙費用も住宅ローン返済金に含まれます。

但し、住民票や住民票や印鑑証明などご本人しか取得できない書類の取得費用につきましては、ご負担をお願いします。

 

 

 

 

担保不動産競売開始決定の通知書が届いた

担保不動産競売開始決定についてのお問い合わせ

K様 埼玉県上尾市在住

この度は、ご来社いただきましてありがとうございました。

 

担保不動産競売開始決定の通知書とは、債権者(ローン保証会社)が、すこしでも多くの住宅ローンを回収するために

裁判所に申し立て、これを裁判所が受理したことを通知した書類となります。

 

すぐに、不動産競売が開始されるわけではありませんが、今後の裁判の手順として

    ↓(約1ヶ月~2ヶ月)

現地調査の為のご連絡の通知

    ↓(約1ヶ月)

執行官による現地調査(室内の写真撮影を行います) 

    ↓(約1ヶ月)

売却実施の通知書

    ↓(約1ヶ月)

期限入札の通知書

    ↓(約1ヶ月)

不動産競売入札の開始

    ↓(約1ヶ月)

   落札

担保不動産競売開始決定の通知書が届いてから、約6ヶ月間で完了してしまいます。

 

任意売却にて、債務の軽減を図るにはあまり時間がありませんので、大至急の売却活動が必要です。

 

*ご相談者にご了解の上、掲載しております。

 

 

 

 

 

 

住宅ローン滞納によるお問い合わせ

住宅ローン滞納によるお問い合わせ

(住宅支援機構からの住宅ローン滞納による督促状について)

O様 さいたま市在住

この度は、お問い合わせいただき、ありがとうございます。

 

ご不安なお気持ち、大変理解できました。これからの生活についてのご要望等

お話いただき、ありがとうございます。

 

一日でも早く解決できますよう全力で頑張りますので、今後ともよろしくお願いします。

 

 

*ご相談者様にご了承の上、掲載しております。

住宅ローン返済にお困りの方の相談窓口の開設

住宅ローンの返済や不動産競売でお困りの方の相談窓口を開設しました。

 

金融機関は、住宅ローン滞納者に対し金融円滑化法期限到来(平成25年3月末日)以降、徐々に厳しい対応をとるようになってきました。

近々では、不動産競売数も増加傾向にあります。

 

問題解決に一番大切なことは、個々の状況、金融機関、裁判所の推移を把握し、最善の解決策を迅速に実施することです。

ご相談者にわかりやすく、ご説明いたします。

 

ご相談・お問い合わせは、問題解決の第一歩です。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

秘密は、厳守いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ